かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 大雄山最乗寺を守護しているとされる天狗 神通力の持ち主、500人力生かし創建に貢献

推し 神奈川の妖怪伝説
大雄山最乗寺を守護しているとされる天狗 神通力の持ち主、500人力生かし創建に貢献

  • 大雄山最乗寺(南足柄市)

シェア・新聞購入ボタン


言い伝え

 最乗寺を守護しているとされる天狗。両手と両足に幸せの使いといわれるヘビをつれ、左手に悪人をつかまえる綱を、右手に悪人を倒す杖をも持ち、白い大きなキツネにのり、雷の鳴り響く中、山奥に入った時の姿が像として祭られている。

了庵禅師が亡くなった翌日、雷がとどろき天狗の姿になった道了尊



 最乗寺は、約630年前、現在の伊勢原市出身の和尚・了庵慧明(りょうあんえみょう)禅師が創建した。創建の際、了庵禅師が頼ったのが道了尊。滋賀県の大津市にある三井寺で修行を積んでいたが、了庵禅師の頼みを受け、空を飛び、1日で駆けつけたといわれている。神通力の持ち主で、500人力を生かし、創建に貢献した。以後、了庵禅師の弟子として18年間共に修行をした。

 了庵禅師が75歳で亡くなった翌日、葬儀中に雷がとどろき、天狗の姿となった道了尊が「これからは守護神として寺をお守りする」と山奥へ入った。

 それ以来、何か困ったことがあったら道了尊へお参りするといいと、多くの人による口伝えで道了尊信仰は栄えていった。曹洞宗に属し、全国に4千余りの門流をもつ寺になったのは、了庵禅師と道了尊の2人が素晴らしい人格者であったからといわれている。

 境内には、天狗伝説にちなんださまざまな天狗の像や、天狗の高下駄が祭られている。

2021年8月3日公開 | 2021年7月24日神奈川新聞掲載




大雄山最乗寺

住所 南足柄市大雄町1157
アクセス 大雄山線大雄山駅からバスで道了尊下車10分
電話 0465(74)3121

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. シネマ散歩 是枝監督最新映画ベイビー・ブローカー 赤ちゃんを売る。それだけのはずだった...

  2. ポテトサラダ大集合 ネギッチンneginegi(藤沢市)のベーコンと長葱のポテトサラダ ネギを生かしたシンプルな味

    ネギッチンneginegi(藤沢市)

  3. K-person 江戸家小猫さんに聞く 「真面目」に動物になりきる

  4. パフェ ホテルニューグランド「プリン・ア・ラ・モード パフェ」

  5. ぶらり♪街めぐり 生麺使う本場のフォー◇フォーミン関内店(横浜市中区)

    フォーミン関内店(横浜市中区)

人気タグ