かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 小田原・あらや農園のブドウ 地元で評判、糖度高く大粒でジューシー

とれたて ブドウ
小田原・あらや農園のブドウ 地元で評判、糖度高く大粒でジューシー

  • あらや農園(小田原市)

シェア・新聞購入ボタン

巨峰
巨峰

 果物の直売とブドウ狩りやキウイ狩りが楽しめる「あらや農園」。1964年から続く小田原市の果樹農園で、2代目の園主・小澤和義さん(62)が丹精込めて育てたブドウの販売が7月末から始まった。

 デラウェア、バッファローに続き、8月上旬からわせの巨峰が収穫期に。さらに藤稔、紅伊豆、シャインマスカット、ヌーベルローズ…と、約10種類の品種が9月末ごろまで楽しめるという。小澤さんは、「来年、再来年あたりにはさらに種類が増えているかな」と意欲を見せる。


シャインマスカット
シャインマスカット

 苗を植えてから、初めて実がなるまで4年ほどかかるブドウを、地道に増やしてきた小澤さん。毎年ブドウを実らせるにも、やはり地道な作業が続くという。冬から剪定(せんてい)が始まり、芽かきや摘房、6月に入ると種なしにする工程や、鈴なりについたブドウの房から実を3分の2落として数を減らす摘粒などを行っていく。


これから紅色に色づいていく「紅伊豆」
これから紅色に色づいていく「紅伊豆」

 雨に弱い実を守るためにプラスチックの傘をかぶせ、鳥に食べられないよう一つ一つ袋をかける。「袋をかけないと鳥の餌を作っているようなものだよ」と小澤さん。肥料に鶏糞(けいふん)やカキ殻などをなるべく使用したり、太陽の光が上下の両方から浴びられるよう地面に反射シートも使用したりと工夫を凝らす。「日中の温度が上がり、昼夜の寒暖差が生まれて、味も良くなった」と話す。

 そうして実ったブドウは、糖度も高く、大粒でジューシー。地元でも評判で、お土産や贈答品として喜ばれている。「スーパーに並んでいるブドウは、県外の涼しい地域からやってくるものが多い。地元のブドウの旬の時季は思っているより早い」と小澤さん。ブドウ狩りは8月中旬から。夏の味覚としても、地元産のブドウを味わってみては。

お薦め品

◇巨峰 1キロ 千円~

◇収穫体験 8月中旬から。午後1~4時または3時まで。入園料1200円。要予約。

2021年8月6日公開 | 2021年8月5日神奈川新聞掲載

【オススメ記事】↓↓




あらや農園

住所 小田原市小竹1664
アクセス JR二宮駅からバスで隧道口下車すぐ
電話 0465(43)0597
営業時間 午前9時から売り切れ次第終了
定休日 不定休
公式HP http://www.ozawa0109.jp/
備考欄 駐車場あり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ぶらり♪街めぐり ナポリタンが老舗で復活 イタリア料理のローマステーション(横浜市中区)

    ローマステーション(横浜市中区)

  2. 神奈川おいしいパスタ巡り・横浜 【横浜発祥ナポリタンを味わう6選】

  3. 神奈川ホテルのクリスマスケーキ2021セレクション 鎌倉プリンスホテルのStrawberry Christmas~ストロベリークリスマス~

    鎌倉プリンスホテル(鎌倉市)

  4. 上生菓子、和菓子 かわいらし過ぎて食べられない 和菓子處吉祥庵の上生菓子

    和菓子處吉祥庵(寒川町)

  5. 神奈川ホテルのクリスマスケーキ2021セレクション 横浜ロイヤルパークホテルのプラリネノワゼット

    横浜ロイヤルパークホテル(横浜市西区)

人気タグ