かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 「レディオ湘南」(藤沢エフエム放送)、市役所分庁舎に移転 連携深まる

推し 「レディオ湘南」(藤沢エフエム放送)、市役所分庁舎に移転 連携深まる

  • レディオ湘南(藤沢市)
  • 2021年8月28日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

田畑さん(右)と梶村さん。同局では毎日3回、5分番組「防災・防犯・交通安全 インフォメーション」を放送
田畑さん(右)と梶村さん。同局では毎日3回、5分番組「防災・防犯・交通安全 インフォメーション」を放送

 1996年の開局当時から防災情報に力を入れている「レディオ湘南」(藤沢エフエム放送)。阪神淡路大震災をきっかけに藤沢市と青年協議会が連携して立ち上げた同局は、翌年に市と防災協定を締結。昨年2月には市役所分庁舎に移転し、より早く、正確な情報の提供に注力し続けている。

【関連記事】地域力で防災情報発信中 コミュニティーFM+ネットワーク

 地震や台風など災害時は、市の防災体制と連動。通常の番組を中断し、防災行政無線の緊急情報などを流す「割り込み放送」となる。熱海で土石流被害を起こした7月上旬の大雨の際は「早朝5時半から緊急放送を行い、避難指示や交通、ライフラインの情報などを流し続けた」と、制作部チーフでパーソナリティーの田畑智朱希さんは話す。

 2016年には開局20周年記念のイベント「防災フォーラム」を開催した。宮城県のコミュニティーFM「ラジオ石巻」のパーソナリティーと石巻市職員を招き、藤沢市の防災担当職員、同局技術部チーフの梶村悟史さんが東日本大震災時の対応などをリレートークした。梶村さんは「震災時は計画停電のため非常用発電機で放送した。帰宅困難者への情報提供の必要性に気付いた」と話す。

 「イベントや移転を経て、市との連携が深まった。災害時はチームとして動きやすく、良い環境になった」と、田畑さんは力強く語った。


藤沢市役所で購入できる「防災ラジオ」(2千円、年間数量限定、市民のみ購入可能、1世帯1台)
藤沢市役所で購入できる「防災ラジオ」(2千円、年間数量限定、市民のみ購入可能、1世帯1台)

レディオ湘南

住所 藤沢市朝日町1の1
アクセス 藤沢駅徒歩4分<br />
電話 0466(25)7000
公式HP https://www.radioshonan.co.jp/index.html
備考欄 ラジオの放送エリアは、藤沢市と、茅ケ崎市、寒川町など近隣エリア。聴取方法はラジオ、サイマルラジオ(PC)、無料ラジオアプリ「FM++」

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ