かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 新江ノ島水族館、海月(クラゲ)の特別展示開催 その日採れたクラゲも紹介

推し お月さまを見ませんか
新江ノ島水族館、海月(クラゲ)の特別展示開催 その日採れたクラゲも紹介

  • 新江ノ島水族館(藤沢市)

シェア・新聞購入ボタン

「クラゲファンタジーホール」。クラゲの傘の下にいる気分が味わえる
「クラゲファンタジーホール」。クラゲの傘の下にいる気分が味わえる

 透明な体をぷかぷか動かし、ゆらゆらと流されるままに触手をなびかせる姿はまさに海に浮かぶ月。優雅で愛らしい姿は見飽きることなく来館者を癒やす。


人気のミズクラゲ。絵に良く描かれる代表的なクラゲで、四つ葉のクローバーのような模様が特徴(模様部分は胃でオレンジ色のプランクトンが透けて見えているそう)
人気のミズクラゲ。絵に良く描かれる代表的なクラゲで、四つ葉のクローバーのような模様が特徴(模様部分は胃でオレンジ色のプランクトンが透けて見えているそう)

北里大の研究チームが東日本大震災を受けた調査で、深海の海底ごみに付着していたのを発見し、育てた「ナデシコクラゲ」。国内未発見のクラゲで口がナデシコの花のように見えることから「ナデシコクラゲ」と命名。日本で展示されるのは同館含む2カ所
北里大の研究チームが東日本大震災を受けた調査で、深海の海底ごみに付着していたのを発見し、育てた「ナデシコクラゲ」。国内未発見のクラゲで口がナデシコの花のように見えることから「ナデシコクラゲ」と命名。日本で展示されるのは同館含む2カ所

小さく透明で繊細な形状からは想像できない、毒蛇ハブより強い毒を持つというハブクラゲ
小さく透明で繊細な形状からは想像できない、毒蛇ハブより強い毒を持つというハブクラゲ

 葉山御用邸が近く、昭和天皇がクラゲの研究者で度々来館したこともあり、1954年に「江の島水族館」として開館した当初から近郊で採集したクラゲを展示。何世代にもわたって繁殖させる技術を確立し、世界初のクラゲ常設展示館を開設。幻想的な展示でクラゲの魅力を発信してきた。現在は新種を含む50種ほどを趣向凝らして常設展示し、バックヤードを含めると100種を飼育、新種の発見や研究もする。


学びをコンセプトに、クラゲをアカデミックに紹介する、クラゲサイエンスコーナー。左手には「皇室ご一家の生物学ご研究」コーナーがあり、クラゲの研究者であった昭和天皇の研究展示も
学びをコンセプトに、クラゲをアカデミックに紹介する、クラゲサイエンスコーナー。左手には「皇室ご一家の生物学ご研究」コーナーがあり、クラゲの研究者であった昭和天皇の研究展示も

クラゲサイエンスコーナー入り口
クラゲサイエンスコーナー入り口

入り口横にはタッチパネルが設置され、より詳しくクラゲについて知ることができる
入り口横にはタッチパネルが設置され、より詳しくクラゲについて知ることができる

丸い水槽には、約30種のクラゲを常時展示。不思議な生態や生活史、給餌の様子などを詳しく紹介。最新のクラゲトピックスなどクラゲ情報が満載
丸い水槽には、約30種のクラゲを常時展示。不思議な生態や生活史、給餌の様子などを詳しく紹介。最新のクラゲトピックスなどクラゲ情報が満載

 30年クラゲの飼育に携わる学芸員の足立文さんは「脳がなく心臓がない不思議な生き物。向こうから寄って来ない距離感、見た目とは裏腹に刺すのがユニークな魅力」とクラゲ愛を見せる。「空には月、海には海月(クラゲ)。展示をきっかけに興味を持つ人や研究者が増えれば」


旧館から30年クラゲを担当する足立文さん。我が子のように慈しむ。クラゲの繁殖や卵からの生育を行うバックヤードで
旧館から30年クラゲを担当する足立文さん。我が子のように慈しむ。クラゲの繁殖や卵からの生育を行うバックヤードで

 ※ク(9)ラゲの9(ク)月として、毎年クラゲの特別展示を行う。「えのすいクラゲ研究所」では毎日クラゲを採集し、その日採れた江の島周辺のクラゲの展示やクラゲチームの「調査・研究」を紹介する。


ペンギンプール前テーマ水槽で9月はク(9)ラゲの月として、「えのすいクラゲ研究所」を展示。クラゲチームが普段おこなっているクラゲに関する「調査・研究」を紹介
ペンギンプール前テーマ水槽で9月はク(9)ラゲの月として、「えのすいクラゲ研究所」を展示。クラゲチームが普段おこなっているクラゲに関する「調査・研究」を紹介

「日替わりクラゲ水槽」。毎日クラゲを採集し、その日に採れたクラゲを展示
「日替わりクラゲ水槽」。毎日クラゲを採集し、その日に採れたクラゲを展示

クラゲチームが普段おこなっているクラゲに関する「調査・研究」を紹介。これは新種であることが判明した「ギヤマンクラゲ」
クラゲチームが普段おこなっているクラゲに関する「調査・研究」を紹介。これは新種であることが判明した「ギヤマンクラゲ」

「ギヤマンクラゲ」のアップ写真
「ギヤマンクラゲ」のアップ写真

「ジェリーフィッシュライダー」。クラゲにつかまり浮遊して成長するウチワエビ類の幼生を稚エビまで育てた
「ジェリーフィッシュライダー」。クラゲにつかまり浮遊して成長するウチワエビ類の幼生を稚エビまで育てた

今回は月を連想する丸い形のクラゲを主に紹介して下さり、これは「リクノリーザ・ルサーナ」。レースのような触手と乳白色のボディが印象的
今回は月を連想する丸い形のクラゲを主に紹介して下さり、これは「リクノリーザ・ルサーナ」。レースのような触手と乳白色のボディが印象的

点々模様が特徴的な「フィロリーザ・プンクタータ」。ダイナミックに傘を伸縮させる
点々模様が特徴的な「フィロリーザ・プンクタータ」。ダイナミックに傘を伸縮させる

中華料理などで食用にされる「ビゼンクラゲ」。丸い傘でぷかぷかと漂う
中華料理などで食用にされる「ビゼンクラゲ」。丸い傘でぷかぷかと漂う

 ☆藤沢市片瀬海岸2の19の1。小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩5分。午前9時(12月~2月は10時)~午後5時(最終入場は同4時)。☎0466(29)9960。一般2500円ほか。


片瀬江ノ島駅を降りると、改札に向かうホーム正面にクラゲの展示がある。癒やしの空間に写真を撮る人も多数
片瀬江ノ島駅を降りると、改札に向かうホーム正面にクラゲの展示がある。癒やしの空間に写真を撮る人も多数


新江ノ島水族館初!江の島の海から新種クラゲを発見 命名「ワタボウシクラゲ」を世界初展示

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 一口サイズで食べ方多彩な「ギヨウザ」、崎陽軒 

  2. 家庭向けクリスマス仕様ジャンボシウマイ販売 崎陽軒、12月1日から

  3. 秋冬限定のスイーツメニュー、鎌倉紅谷 「クルミッ子」入れたモンブランも

  4. 元祖ニュータンタンメン本舗監修の袋麺 好評のカップ麺に続き

  5. 高級食パン専門店「ちょっと待ってぇー 中華街店」、11月6日オープン

    ちょっと待ってぇー 中華街店(横浜市中区)

人気タグ