かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム 全国各地、世界からもファンが来訪

推し 笑顔あふれる〝聖地〟
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム 全国各地、世界からもファンが来訪

  • 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

シェア・新聞購入ボタン

同ミュージアムは、向ケ丘遊園跡地の一部に藤子プロが建設し、市に寄贈。指定管理者制度で「株式会社藤子ミュージアム」が運営している
同ミュージアムは、向ケ丘遊園跡地の一部に藤子プロが建設し、市に寄贈。指定管理者制度で「株式会社藤子ミュージアム」が運営している

 漫画家の藤子・F・不二雄、こと藤本弘さんは、昭和を代表する漫画家が集まるトキワ荘に20歳のときに住みはじめ、27歳で川崎市多摩区へ転居した。その後、「ドラえもん」を始め数多くの漫画を生み出している。


藤子・F・不二雄先生
藤子・F・不二雄先生

 1996年、62歳で永眠。その後、妻正子さんの申し出から自然豊かな生田緑地に同ミュージアムが整備された。約5万枚の原画を保管・展示公開し、幅広い世代に作品を伝える役割を担っている。

 開館1周年の2012年には、市がドラえもんに特別住民票を交付。昨年4月には総入場者数が400万人を突破した。笑顔あふれるミュージアムには、全国各地、世界からもファンが訪れる。

開館10周年の原画展も開催中


藤子・F・不二雄ミュージアム<開館10周年>「ドラえもんの体の色」は何色? 白黒の原画に見る温かみあるペンタッチ

2021年9月3日、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムは開館から10周年を迎えました。ここは「ドラえもん」の作者、...

藤子・F・不二雄ミュージアム(川崎市多摩区)

2021年11月07日公開 | 2021年9月18日神奈川新聞掲載


川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

住所 川崎市多摩区長尾2の8の1
アクセス JR宿河原駅、小田急線向ケ丘遊園駅徒歩15分、登戸駅から直行バスあり
電話 (0570)055245(午前9時半~午後4時、年末年始休み)
営業時間 午前10時~午後6時(完全予約制、事前にローソンで要チケット購入)
定休日 火曜、年末年始
公式HP http://fujiko-museum.com/
備考欄 千円、中・高校生700円、4歳~小学生500円、3歳以下無料

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サツマイモのメニューを集めた催事 そごう横浜店で12月8日から

  2. 秋冬限定のスイーツメニュー、鎌倉紅谷 「クルミッ子」入れたモンブランも

  3. ミッフィーzakkaフェスタ そごう横浜店、9月7日まで

  4. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  5. 焼いてもお菓子もいい感じのサツマイモ 横浜・地湧庵農園のつぼ焼き芋 スイートポテトのような安納芋

    地湧庵農園(横浜市都筑区)

人気タグ