かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 川崎・米Cafe BOXの羽釜で炊いたコシヒカリ もちもち食感が抜群

推し おいしいお米が食べたい
川崎・米Cafe BOXの羽釜で炊いたコシヒカリ もちもち食感が抜群

  • 米Cafe BOX(川崎市高津区)

シェア・新聞購入ボタン

唐あげごはんセット。女性用茶わんで通常の盛り付け例。男性は一回り大きい茶わんになる。茶わんやご飯の量は注文時に調整・指定できるので相談を
唐あげごはんセット。女性用茶わんで通常の盛り付け例。男性は一回り大きい茶わんになる。茶わんやご飯の量は注文時に調整・指定できるので相談を

 JR武蔵溝ノ口駅から少し歩いた先、洗足学園の正面にある定食店「米Cafe BOX」。羽釜で炊いたコシヒカリを味わおうと、老若男女でにぎわっている。

 「おいしいご飯を〝てんこ盛り〟で満足してもらいたい」と話すのは、店長の国武隆和さん(59)。ご飯は一粒一粒がしっかりと立ち、もちもちとした食感が抜群だ。一番人気は「唐あげごはんセット」(880円)。外はサクサク、中はジューシーな唐揚げはしっかりめの味付けで、ごはんがどんどん進む。学生の利用も多く、栄養面を考慮して野菜が多いのもうれしい。


4升炊きの羽釜
4升炊きの羽釜

日々使用しているアルミの羽釜
日々使用しているアルミの羽釜

 「業務用の電気釜をはじめいろいろ試したが、羽釜を使い、火力が強いガス火で一気に炊くのが一番おいしかった」と、国武さん。炊飯時間は蒸らし時間を含め約20分。多いときは1日60キロを炊き上げる。

 20年ほど前にオープンし、おにぎりの販売からスタート。学園のイベントで弁当などの依頼が増加し、メニューを定食にシフトした。10年ほど前からは玄米も提供。今年の新米は8日から提供が始まった。



オススメ記事⇩


ルミネ横浜で秋のグルメフェア パフェ&実りの秋ごはん

横浜駅直結のルミネ横浜は10月15日~11月21日、秋のグルメフェア「秋のときめきパフェ&実りの秋ごはん2021」を...

2021年10月18日公開 | 2021年10月9日神奈川新聞掲載


米Cafe BOX

住所 川崎市高津区久本2の6の12
アクセス JR武蔵溝ノ口駅徒歩8分
電話 044(877)3189
営業時間 午前11時~午後2時L.O.(短縮営業中)
定休日 土日・祝日

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サツマイモのメニューを集めた催事 そごう横浜店で12月8日から

  2. 秋冬限定のスイーツメニュー、鎌倉紅谷 「クルミッ子」入れたモンブランも

  3. ミッフィーzakkaフェスタ そごう横浜店、9月7日まで

  4. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  5. 焼いてもお菓子もいい感じのサツマイモ 横浜・地湧庵農園のつぼ焼き芋 スイートポテトのような安納芋

    地湧庵農園(横浜市都筑区)

人気タグ