かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 鎌倉・おこめ天松堂の看板メニューおむすび 女性や子どもたちに人気

推し おいしいお米が食べたい
鎌倉・おこめ天松堂の看板メニューおむすび 女性や子どもたちに人気

  • おこめ天松堂(鎌倉市)

シェア・新聞購入ボタン

梅やシャケ、卵黄などのおむすび㊧と小結食べ比べセット
梅やシャケ、卵黄などのおむすび㊧と小結食べ比べセット

 利き酒師の資格を持つ元松勇人さん(34)が今年4月に開いたお米と日本酒を楽しむ店。看板メニューは、一つ一つ丁寧に握ったおむすび(180円~)。産地だけでなく生産者や作り方などにこだわった3種の米と、梅やシャケ、卵黄、おかかチーズなど約10種の具材から選べる。おいしいお米を手軽に食べられるとあって、女性や子どもたちに人気だ。


「お米やお酒のこと、気軽に聞いてくださいね」とほほ笑む元松さん
「お米やお酒のこと、気軽に聞いてくださいね」とほほ笑む元松さん

 日本酒の原料となる酒米の酒類は気に掛けるのに、日常的に食べている米を意識する人は少ない-。自身の米好きと、そんな気付きから同店を開いた元松さん。この日のお米は、食欲のない時でもさっぱりと食べやすい長野県産の「風さやか」。無農薬や有機栽培にこだわった米を販売している「笹屋」から、約1~2週間ごとに仕入れるため、どんなお米に出合えるかもお楽しみ。


日替わりのおばんざい3品とみそ汁、漬物のセット(プラス700円)はランチにお薦め
日替わりのおばんざい3品とみそ汁、漬物のセット(プラス700円)はランチにお薦め

 「より粒感や甘み、風味の違いを感じたい人には『小結食べ比べ』(300円)で好みの米を知ってから、おむすびを注文しても楽しいかもしれません」。夜は貴重な酒蔵から集めた日本酒も取りそろうほか、味わい深いおばんざいや焼きおむすびも登場する。



オススメ記事⇩


ルミネ横浜で秋のグルメフェア パフェ&実りの秋ごはん

横浜駅直結のルミネ横浜は10月15日~11月21日、秋のグルメフェア「秋のときめきパフェ&実りの秋ごはん2021」を...

2021年10月21日公開 | 2021年10月9日神奈川新聞掲載


おこめ天松堂

住所 鎌倉市雪ノ下1の8の37
アクセス 鎌倉駅東口徒歩8分
電話 0467(60)4356
営業時間 午前11時~午後8時L.O.(状況により変更あり)
定休日 不定休(インスタグラムを確認)
公式HP https://tenmatsudo.jp/
備考欄 ※おむすびは経木に包んでテークアウトも可能

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サツマイモのメニューを集めた催事 そごう横浜店で12月8日から

  2. 秋冬限定のスイーツメニュー、鎌倉紅谷 「クルミッ子」入れたモンブランも

  3. ミッフィーzakkaフェスタ そごう横浜店、9月7日まで

  4. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  5. 焼いてもお菓子もいい感じのサツマイモ 横浜・地湧庵農園のつぼ焼き芋 スイートポテトのような安納芋

    地湧庵農園(横浜市都筑区)

人気タグ