かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツの見分け方<SDGs>

とれたて 教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツの見分け方<SDGs>

  • 2021年10月28日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 セミナーの講師として、9、10月は5回講演しました。最近のテーマは国連の持続可能な開発目標「SDGs」(エスディージーズ)が中心です。皆さんが日常生活の中で知らない間にやっているであろうことや、ちょっとした「気づき」のヒントになれば良いなぁと思うことをお話ししています。



 「SDGs」がテーマになってもやはり、野菜や果物の話をします(笑)。野菜や果物は身近にありますし、毎日食べているものです。そして、日本には「もったいない」の精神があるので、気付かないうちにやっていること、やっていたことをあえて、少し認識、確認して頂く内容です。

 例えばピーマンの種は「肉詰め」にすると、種とワタの存在が気になりにくくなり、生かすことが出来ます。種とワタには血液をサラサラにしてくれる効果がある「ピラジン」という栄養が、主に食べる皮よりも10倍も含まれています。切り落とすことが多いシイタケの軸にはうま味がたっぷり詰まっている上、骨にカルシウムをくっ付ける接着剤のような役割のビタミンDや食物繊維などを含んでいます。手でほぐしたり細切りにして、きんぴらやみそ汁の具などにも合います。

 キャベツの芯や根菜類の皮なども野菜の捨てられがちな部分ですが、野菜は多少形が悪くても食べることが出来ます。無駄なく使い切り、おいしく頂くと、まさに「もったいない」の精神につながりますし、また捨てられているところの多くは、栄養がたっぷりと含まれていることが多いので、食べることのメリットも大きいです。



 食材を使い切る、食材を残さないということが「フードロスを減らす」ことにつながり、SDGsを考えるきっかけになるのではないかと考えます。家庭から出るごみが少しずつ減っていき、やがてそれは自分が住んでいる地球のためになるとなれば、「他人ごと」でなく「自分ごと」として考えることができるのではないかと思います。

 まずは身近なところから出来る事をはじめてみませんか?


教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツの見分け方<サツマイモ>

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サツマイモのメニューを集めた催事 そごう横浜店で12月8日から

  2. 秋冬限定のスイーツメニュー、鎌倉紅谷 「クルミッ子」入れたモンブランも

  3. ミッフィーzakkaフェスタ そごう横浜店、9月7日まで

  4. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  5. 焼いてもお菓子もいい感じのサツマイモ 横浜・地湧庵農園のつぼ焼き芋 スイートポテトのような安納芋

    地湧庵農園(横浜市都筑区)

人気タグ