かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. いい材料をシンプルに焼く横浜のパン屋レピジャポネ 体に優しく、温かくて深い味わい

うまい パン
いい材料をシンプルに焼く横浜のパン屋レピジャポネ 体に優しく、温かくて深い味わい

  • レピジャポネ(横浜市泉区)

シェア・新聞購入ボタン


 店に入ると、入り口そばにある石臼に目がとまる。店長の小柳健太郎さん(37)は「全粒粉と記されたパンは、この石臼でひいた自家製粉です。いい材料をシンプルに焼くことを心掛けています」と話す。


石臼
石臼

 小麦は国産100%(主に北海道産)、全てのパンには自家製酵母が入っている。中身も極力添加物の入っていないものを使い、自分たちで作ることも多いという。


北海道あんぱん
北海道あんぱん

生ハムバターサンド(右)
生ハムバターサンド(右)

 一番人気は生ハムバターサンド(360円)。かめばかむほど、口の中にじんわりとパンのうま味が広がる。レピジャポネ食パン(350円)や北海道あんぱん(120円)は子どもたちにも好評だ。

 小柳さんは大手ベーカリー専門店を退職し、渡仏し腕を磨いた。シンガポールなどで経験を積み、地元・横浜で2015年5月に開店。「体にも優しく、温かみや深い味わいがあるようなパンを作り続けたい」





2021年10月29日公開 | 2021年10月28日神奈川新聞掲載

オススメ記事↓


サンドイッチみずみずしい果物を使ったサンドイッチ 厚木イーズ サンドイッチのフルーツサンド

色とりどりの具材を惜しみなく、たっぷりはさんだサンドイッチがずらりと並ぶのは、厚木市の松蓮寺ほど近くに3月開店した「...

ease sandwich(厚木市)


レピジャポネ

住所 横浜市泉区西が岡2の9の1
アクセス 相鉄線弥生台駅徒歩18分
電話 045(443)6356
営業時間 午前9時~午後5時
定休日 火・木・日曜
公式HP https://www.instagram.com/lepijaponais/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サツマイモのメニューを集めた催事 そごう横浜店で12月8日から

  2. 秋冬限定のスイーツメニュー、鎌倉紅谷 「クルミッ子」入れたモンブランも

  3. ミッフィーzakkaフェスタ そごう横浜店、9月7日まで

  4. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  5. 焼いてもお菓子もいい感じのサツマイモ 横浜・地湧庵農園のつぼ焼き芋 スイートポテトのような安納芋

    地湧庵農園(横浜市都筑区)

人気タグ