かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 本厚木ホルモンセンターのホルモン焼き 〝川崎喰い〟でキャベツと一緒に食せばやみつき

推し 焼いて炙った秋のごちそう
本厚木ホルモンセンターのホルモン焼き 〝川崎喰い〟でキャベツと一緒に食せばやみつき

  • 本厚木ホルモンセンター(厚木市)

シェア・新聞購入ボタン


 新鮮なホルモンをライスでなくキャベツと一緒に食べる、通称〝川崎喰い〟で味わう本厚木ホルモンセンター(厚木市)。

 「豚シロコロ」(単品517円)や「牛ハツ」(単品517円)をはじめとする約20種類の肉から当日のお薦め部位を6~7種類提供する「MIX焼」(1408円)は、濃いめのタレに付けてからお通しの千切りキャベツと一緒に食す。その昔、川崎地区で親しまれていた食べ方は、肉そのもののうま味とシャキシャキとした食感がやみつきに。



(左から)フレッシュなホルモンを使用した「MIX焼」(1408円)と「名物ペラペラ焼」(429円)はクセがなく食感が楽しいヘルシーなメニュー
(左から)フレッシュなホルモンを使用した「MIX焼」(1408円)と「名物ペラペラ焼」(429円)はクセがなく食感が楽しいヘルシーなメニュー

 看板メニューは「名物ペラペラ焼」(429円)。余分な脂を丁寧にそぎ落とし下処理した豚シロは臭みが全くなく、プリプリとした歯ごたえでじんわり甘い。パンチの効いた香りが食欲をそそる「辛ニラ」を巻いて食すとたまらないうまさでお酒が進む。



 「焼き物を2品以上注文くださればハイボールは1杯50円でお出ししています」と店長の伊藤寛大さん(25)。「多くの人に、おいしいホルモンを気軽に、日常の中で楽しんでもらえたら」と笑顔で語る。

※ハイボールの特別価格は午後7時まで



本厚木ホルモンセンター

住所 厚木市泉町2の9、成都ビル1階
アクセス 小田急線本厚木駅徒歩1分
営業時間 午後3時(土日祝日は同2時)~午後10時半L.O.
定休日 無休(12月31日~1月1日は除く)
公式HP https://www.shigekichi.com/contents/shopinfo/honatsugi/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

2021年11月20日公開 | 2021年11月13日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ひとりでも焼き肉楽しめる川崎の焼肉店「肉と飯」 極上肉を好きなペースで好きな加減で

昨年10月にオープンした川崎市中原区にある焼肉店「肉と飯」。コロナ禍前から〝ひとり焼き肉〟を構想し、「料理人が見極め...

肉と飯(川崎市中原区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 【2021-2022】神奈川イルミネーション県内のスポットを紹介

  2. 世界に笑顔を! 昭和音大声楽コース学生がハマスタで合唱発表

  3. 横浜・みなとみらいを彩るイルミ「ヨルノヨ」 11月18日から新港中央広場などで開催

  4. ショパン国際ピアノコンクール2位 反田恭平が来年3月、ミューザ川崎シンフォニーホールのコンサート出演

  5. ジャンボクリスマスツリー、宮ケ瀬 土曜には花火打ち上げも

人気タグ