かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 横浜の冬を彩る「アートリンク」始まる 横浜赤レンガ倉庫、2月20日まで

気になる 横浜の冬を彩る「アートリンク」始まる 横浜赤レンガ倉庫、2月20日まで

夜のアートリンクでスケートを楽しむカップルや親子連れ=横浜赤レンガ倉庫
夜のアートリンクでスケートを楽しむカップルや親子連れ=横浜赤レンガ倉庫

 横浜の冬を彩る「アートリンク」が、横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)の屋外スケート場で始まった。アートとアイススケートのコラボレーションを楽しんでもらう企画で、「スリッパでステップ」をテーマに若手イラストレーターのunpis(ウンピス)と大津萌乃が空間演出を手掛けた。2人は「家に帰った後もスケートのことを思い出して楽しんでほしい」と話す。

 企画は今年で17回目。今回は、コロナ禍で家で過ごす時間が増えたことからリンクを「家」に見立てた。長さ計約100メートルの壁面には玄関からキッチン、リビング、バスルームやベッドルームで人や物が踊る様子が、ニュートラルな線と形、ポップな色彩で描かれ、いつもより大きなサイズの家具や日用品が動きながら目の前に飛び込んでくる。


 unpisと大津は2人展の経験はあるが、共同作業で一つの作品を完成させるのは初めて。制作時期はコロナ禍と重なったため、パソコンの画面共有ソフトを駆使し、オンライン上で制作を進めたという。unpisは「お互いの作風を意識しながら線の質感や色味、色の組み合わせなどバランスをとって描くのは大変だった」。大津も「色決めは難しかった。それが逆に刺激になって、それぞれの表現の幅が広がるきっかけにもなった」と笑顔で振り返る。

 外出を控えている人にも会場の雰囲気を味わってもらいたいと、作品は会員制交流サイト(SNS)で随時発信している。

 「作品の世界に入り込むようにスケートやダンスを楽しんでほしい」

 アートリンクは来年2月20日まで。2月15日は休場。一般700円、3歳~高校生500円。付き添い観覧料200円、貸し靴料500円。問い合わせは同倉庫1号館、電話045(211)1515。

2021年12月21日公開 | 2021年12月20日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


【2021-2022】神奈川イルミネーション県内のスポットを紹介

川崎 ☆ラ チッタデッラ(JR川崎駅徒歩5分)2022年1月31日まで、午後4時半~翌午前0時。「Viaggiare i...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サラダ専門店 カスタムサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」が横浜にオープン NEWoMan横浜

  2. うまい!最強!塊肉 MALLORY PORK STEAK 東戸塚店(横浜市戸塚区)のポークステーキ 2人で分けるなら700グラムの「マッターホルン」お薦め

    MALLORY PORK STEAK 東戸塚店

  3. クルミッ子 「クルミッ子」のキャラメルソース 鎌倉紅谷

  4. うまい!最強!塊肉 冒険者ギルド酒場(大和市)の魔獣の骨付き肉 大人の顔ほどの大きさ

    冒険者ギルド酒場(大和市)

  5. フルーツタルト シャインマスカットのショートケーキタルト ラ・メゾン アンソレイユターブル パティスリー

人気タグ