かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 四季折々、神奈川県内の花の名所を一挙公開

推し 四季折々、神奈川県内の花の名所を一挙公開

ロウバイ | 1月~2月


約2万本、寄ロウバイ園(松田町)
約2万本、寄ロウバイ園(松田町)

ロウバイ/寄ロウバイ園(松田町) | 1月~2月

 黄金色の花が咲き誇り、甘い香りを漂わせる。小田急線新松田駅からバスで寄下車8分。入園料16歳以上500円ほか。町観光経済課、電話0465(83)1228。

ミズバショウ | 3月下旬~4月中旬


約2万株、箱根湿性花園(箱根町)
約2万株、箱根湿性花園(箱根町)

ミズバショウ/箱根湿性花園(箱根町) | 3月下旬~4月中旬

 水辺に咲くかれんな白い花が春の訪れを告げる。小田原駅からバスで仙石案内所前下車8分。700円ほか。開園は3月20日から。電話0460(84)7293。

チューリップ | 4月上旬~下旬


約12万本、横浜公園(横浜市中区)
約12万本、横浜公園(横浜市中区)

チューリップ/横浜公園(横浜市中区) | 4月上旬~下旬

 多種多彩な品種が園内一帯に咲き誇る横浜の風物詩。JR関内駅徒歩3分。入園無料。横浜市環境創造局都心部公園担当、電話045(671)3648。

※横浜を花と緑で彩るイベント「ガーデンネックレス横浜」(3月下旬~6月上旬)の会場の一つで、見頃に合わせて「よこはま花と緑のスプリングフェア」も開催予定。

シバザクラ | 4月上旬~下旬


1万本、渋田川河畔(伊勢原市など)
1万本、渋田川河畔(伊勢原市など)

シバザクラ/渋田川河畔(伊勢原市など) | 4月上旬~下旬

 かながわの花の名所100選。約1.4キロの通称「芝ざくらライン」は植栽延長日本一を誇る。小田急線伊勢原駅からバスで下谷下車。伊勢原駅観光案内所、電話0463(95)5333。

※4月に「芝桜まつり」開催予定。駐車場あり。

ネモフィラ | 4月中旬~5月上旬


約140万本、くりはま花の国(横須賀市)
約140万本、くりはま花の国(横須賀市)

ネモフィラ/くりはま花の国(横須賀市) | 4月中旬~5月上旬

 北米原産の一年草。ブルーのかわいらしい小さな花が青空のように一面を鮮やかに彩る。JR久里浜駅・京急線京急久里浜駅徒歩15分。無料(一部有料施設あり)。電話046(833)8282。

ツツジ | 4月中旬~下旬


等覚院(川崎市宮前区)
等覚院(川崎市宮前区)

ツツジ/等覚院(川崎市宮前区) | 4月中旬~下旬

 「つつじ寺」として知られ、かながわの花の名所100選にも選ばれている。東急田園都市線梶が谷駅・小田急線向ケ丘遊園駅からバスで神木不動下車。無料。電話044(866)4573。

クレマチス | 4月~11月


8千株、相模原麻溝公園(相模原市南区)
8千株、相模原麻溝公園(相模原市南区)

クレマチス/相模原麻溝公園(相模原市南区) | 4月~11月

 約230種の多彩な品種があり、さまざまな花色が楽しめる。小田急線相模大野駅またはJR相模原駅、同古淵駅からバスで総合体育館前下車2分。駐車場あり。公園管理事務所、電話042(777)3451。

※5月初旬から中旬には「クレマチスフェア」を開催予定。無料。

ハマヒルガオ | 5月上旬~下旬


海浜自然生態園、辻堂西海岸(藤沢市など)
海浜自然生態園、辻堂西海岸(藤沢市など)

ハマヒルガオ/海浜自然生態園、辻堂西海岸(藤沢市など) | 5月上旬~下旬

 ヒルガオ科ヒルガオ属の砂地に生える多年草。淡いピンクが、美しい浜辺の景観をつくりあげる。生態園はJR辻堂駅南口からバスで茅ケ崎学園入り口下車5分。藤沢土木事務所、電話0467(58)1473。

バラ | 5月中旬~7月中旬、10月中旬~11月中旬


春:370品種1200株、秋:300品種750株、日比谷花壇大船フラワーセンター(鎌倉市)
春:370品種1200株、秋:300品種750株、日比谷花壇大船フラワーセンター(鎌倉市)

バラ/日比谷花壇大船フラワーセンター(鎌倉市) | 5月中旬~7月中旬、10月中旬~11月中旬

 大輪の黄色いバラ「鎌倉」や県産のバラなどが立体的にバラ園を彩り、華やかな色と香りに包まれる。大船駅徒歩16分。400円ほか。電話0467(46)2188。

※5月には「バラまつり」、10月には「バラの夜間開園」を開催。

ハナショウブ | 5月下旬~6月上旬


生田緑地(川崎市多摩区)
生田緑地(川崎市多摩区)

ハナショウブ/生田緑地(川崎市多摩区) | 5月下旬~6月上旬

 アヤメ科アヤメ属の多年草。梅雨の時季に咲き、優美でしっとりとした風情が魅力。紫や白の2800株が一面に咲き誇る。小田急線向ケ丘遊園駅徒歩13分。無料。電話044(933)2300

ルピナス | 5月~6月


津久井湖城山公園(相模原市緑区)
津久井湖城山公園(相模原市緑区)

ルピナス/津久井湖城山公園(相模原市緑区) | 5月~6月

 園内の「水の苑(えん)地」にある大型花壇いっぱいに、色とりどりのラッセルルピナスが雄大な花を咲かせる。橋本駅からバスで城山高校前下車4分。無料。同公園、電話042(780)2420。

※5月中旬「ルピナス祭」を開催予定。

ハス | 7月中旬~8月中旬


三渓園(横浜市中区)
三渓園(横浜市中区)

ハス/三渓園(横浜市中区) | 7月中旬~8月中旬

 蓮池一面に咲くピンク色の花を三重塔を背景に眺められる。高校生以上700円ほか。JR根岸駅からバスで本牧下車10分。電話045(621)0634。

※見頃の土日・祝日に「早朝観蓮会」を開催。

ヒマワリ | 8月中旬


45万本、ひまわり畑(座間市)
45万本、ひまわり畑(座間市)

ヒマワリ/ひまわり畑(座間市) | 8月中旬

 キク科の一年草。約5.5ヘクタールもの畑に鮮やかな黄色の花が咲く。首都圏随一の規模。小田急線座間駅からバスで神社前下車10分。無料。座間市観光協会、電話046(205)6515。

※8月に「座間市ひまわりまつり」を開催予定。

ヒガンバナ | 9月下旬~10月中旬


藤沢、茅ケ崎、寒川にわたる小出川沿い
藤沢、茅ケ崎、寒川にわたる小出川沿い

ヒガンバナ/藤沢、茅ケ崎市、寒川町にわたる小出川沿い | 9月下旬~10月中旬

 川沿いの道を深紅に染めるかれんな花を見ながら散策できる。※見頃に合わせ3会場で「小出川彼岸花まつり」が行われる。遠藤会場(JR辻堂駅北口からバスで刈込下車1分)ほか。寒川町観光協会、電話0467(75)9051。藤沢市観光センター電話0466(22)4141。

ススキ | 10月中旬~11月中旬


仙石原(箱根町)
仙石原(箱根町)

ススキ/仙石原(箱根町) | 10月中旬~11月中旬

 仙石原・台ケ岳一帯のススキが花穂をなびかせ光り輝く。小田原駅または箱根登山鉄道箱根湯本駅からバスで仙石高原下車1分。箱根町総合観光案内所、電話0460(85)5700。

菜の花 | 12月中旬~3月中旬


約10万本、ソレイユの丘(横須賀市)
約10万本、ソレイユの丘(横須賀市)

菜の花/ソレイユの丘(横須賀市) | 12月中旬~3月中旬

 5千平方メートルの花畑が、一面黄色い菜の花の絨毯になる。空気の澄んだ日には富士山との競演も。京急線三崎口駅からバスでソレイユの丘行き終点。入園無料。電話046(857)2500。

※3月21日まで「菜の花まつり」を開催中


2022年1月13日公開 | 2022年1月8日神奈川新聞掲載

お薦め記事⇩


和洋菓子、弁当、ビールも【神奈川の桜メニュー楽しむ6選&桜スポット】春をおいしく味わう

2021年3月14日公開 | 2021年3月13日神奈川新聞掲載 春爛漫(らんまん)。満開の桜の下での宴会が難しい今年は、桜色のメニ...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ブリトー UMEYA KITCHEN(横浜市中区)のブリトー 具も栄養も満点のブリトー

    ウメヤ キッチン(横浜市中区)

  2. 期間限定スイートピンクの「クルミッ子」缶

  3. 焼き芋 焼き芋専門店「超蜜やきいも」の横浜磯子店、オープン 「蜜が滴るほど甘いのに無添加」

    「超蜜やきいもpukupuku」横浜磯子店

  4. バレンタイン限定コラボ商品「ショーコラ クルミッ子」 好評のクッキーサンド

  5. 上生菓子、和菓子 かわいらし過ぎて食べられない 和菓子處吉祥庵の上生菓子

    和菓子處吉祥庵(寒川町)

人気タグ