かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 横浜ハンバーグの虎(横浜市中区)のハンバーグ  ナイフを入れるとジュワッと甘味のある肉汁

推し 寅年に行きたい「トラの店」
横浜ハンバーグの虎(横浜市中区)のハンバーグ  ナイフを入れるとジュワッと甘味のある肉汁

  • 横浜ハンバーグの虎(横浜市中区)

シェア・新聞購入ボタン

「黒毛和牛100%ハンバーグ」は四つのサイズから選べる。写真はMサイズ(180グラム)1980円。トッピングのモッツァレラチーズはプラス330円
「黒毛和牛100%ハンバーグ」は四つのサイズから選べる。写真はMサイズ(180グラム)1980円。トッピングのモッツァレラチーズはプラス330円

 山形県米沢市から直送される黒毛和牛もも肉を使ったハンバーグが評判の店「横浜ハンバーグの虎」。

 理想の味を求めて試行錯誤を重ねたオーナーシェフの小林浩さん(50)が2019年にオープン。「子どもの頃、世界一のごちそうが横浜の老舗洋食店『ハングリータイガー』のハンバーグ。それを超える味を目指した」。この熱い思いを店名に込めたのかと思いきや、「寅(とら)年の母が営んでいた『高虎』という焼鳥店が前身だから」とにっこり笑う。



ハンバーグのグレービーソースは牛すじから取っただし汁を使用。ご飯にかけて食べると格別だ。ご飯とみそ汁のセットはハンバーグの料金にプラス495円
ハンバーグのグレービーソースは牛すじから取っただし汁を使用。ご飯にかけて食べると格別だ。ご飯とみそ汁のセットはハンバーグの料金にプラス495円

 小林さんが作るハンバーグは牛肉の持ち味や食感を生かすために店で粗びきにし、味付けは塩、こしょうとハーブのみ。ナイフを入れるとジュワッと甘味のある肉汁があふれ出し、ソースをかけずとも抜群においしい。お薦めのモッツァレラチーズをトッピングすると、ミルキーで濃厚な味わいが加わり、これまた美味。小林さんは「鉄板に添えた焼き石で好みの焼き加減にして味わって」と話す。

2022年1月25日公開 | 2022年1月15日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


とろける食べ物大集合ふわとろオムライス デリッシュ・ウフ ラゾーナ川崎店のふわとろオムライス 濃厚ソースと相性抜群!

JR川崎駅直結の大型商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」にあるオムライス専門店「ふわとろオムライス デリッシュ・ウフ」。種...

ふわとろオムライス デリッシュ・ウフ(川崎市)



横浜ハンバーグの虎

住所 横浜市中区新山下3の14、ベイサイド新山下A-29
アクセス みなとみらい線元町・中華街駅徒歩15分
電話 045(622)0800
営業時間 土日・祝日のみ営業。正午~午後3時、同5~9時
公式HP https://www.facebook.com/yokohama.meat/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ