かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. オーガニックカフェ&エコライフ晴れ屋(厚木市) 人と自然に優しいカフェ併設の雑貨店

気になる イマ的生活
オーガニックカフェ&エコライフ晴れ屋(厚木市) 人と自然に優しいカフェ併設の雑貨店

  • オーガニックカフェ&エコライフ晴れ屋(厚木市)

シェア・新聞購入ボタン

ずらりと並ぶ古着はどれも国内のものをリユース
ずらりと並ぶ古着はどれも国内のものをリユース

 小田急線本厚木駅にほど近く、オーナー・小泉壱徳さん(44)が営む店はオーガニック食材を使用した料理を味わえるカフェ併設の雑貨店。

 取り扱う商品は環境や使用する人に優しい洗剤や化粧品、有機農法で育てた新鮮野菜、発展途上国の生産者や労働者の経済的な自立や生活改善を目指すため、製品を適正な価格で継続的に購入する「フェアトレード」で取引されたアイテムなどさまざまで、どれも自然環境に配慮した商品ばかりだ。



「買い物しながら見えてくる、品物が店に並ぶまでの物語を感じてもらえたら」とオーナーの小泉さん
「買い物しながら見えてくる、品物が店に並ぶまでの物語を感じてもらえたら」とオーナーの小泉さん

 売り場には色とりどりの古着も並ぶ。「エコ」について考えるきっかけになったのは、小泉さんがリサイクル事業に携わっていた父の紹介で訪れた古着回収現場という。積み上げられた衣服の山を目にしたことで〝循環〟について考えるようになり、商品を他国から輸入しない国内循環型の古着店をスタート。店舗が現在の形になり、今年が17年目だという。


ランチメニューは各種カレー(950円~)、季節の定食(1100円)など
ランチメニューは各種カレー(950円~)、季節の定食(1100円)など

 「『衣・食・住・遊・知』が店のテーマなんですよ」と小泉さん。「より良い『衣食住』を楽しみながら知ってもらい、お客さまの暮らしがもっと豊かになったらうれしいですね」と語る。

 カフェでは無農薬・無化学肥料栽培した野菜や天然酵母のパン、昔ながらの方法で手作りした調味料で作った料理がおいしいと評判。動物性食品を使用しないビーガン(完全菜食主義者)対応のメニューも提供する。



オーガニックカフェ&エコライフ晴れ屋

住所 厚木市中町2の8の6、中町ビル2階
アクセス 小田急線本厚木駅徒歩3分
電話 046(295)1161
営業時間 午前10時~午後8時、(カフェは午前11時半~午後7時半L.O.
定休日 不定休

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

2022年1月20日公開 | 2022年1月6日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


イマ的生活完全セルフサービスの無人カフェ「レンブラリーカフェ」 リモートワークや読書、映画観賞の後のカフェタイムにもお薦め

レンブラントホテル海老名別館に、今年の春オープンした完全セルフサービスの無人カフェ。 専用のアプリをスマートフォンに...

レンブラリーカフェ(海老名市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ