かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 川崎で農業営む笠原さんが作る赤紫色の水菜「紅法師」 生で色を楽しんでほしいので柔らかいうちに収穫

とれたて ミズナ
川崎で農業営む笠原さんが作る赤紫色の水菜「紅法師」 生で色を楽しんでほしいので柔らかいうちに収穫


 小田急線百合ケ丘駅から少し歩いた住宅街で農業を営む笠原賢人(まさと)さん(36)。父の勝浩さん、祖父の一男さん、祖母の千代さんの4人を中心に、50アールの畑で年間30品目90品種以上を栽培している。珍しい品種が多く、今の時季はハウス栽培の水菜と、葉柄(ようへい)が赤紫色の「紅法師(べにほうし)」を出荷している。




 緑黄色野菜の水菜はビタミンCや葉酸、カルシウムなどを多く含み栄養価が高い。さらに「紅法師」はポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含み、眼精疲労や動脈硬化の予防に役立つという。また、天然の色素成分でもあり「気温が低いと色が濃く、はっきり出る」と賢人さん。「種袋に注意書きはあるが、試しに夏に育てたら、ほぼ普通の緑色の水菜になってしまった」と笑う。

 霜が降りる1月上旬まで露地で栽培し、その後ハウスに切り替える。寒さにさらされる露地栽培の方が発色が良く、成長が力強い分葉柄は太め。ハウス栽培の方が柔らかく、食感が良いという。赤紫の色味は加熱すると流出し、他の食材に色移りするため、サラダや浅漬けがお薦め。赤カブと同じく、酢に反応して鮮やかに発色する。「生で色を楽しんでほしいので、少し早めに、柔らかいうちに収穫しています」と話す。

 大学卒業後は大手スーパーに勤務し、17代目として家業を継いで7年。接客や野菜をおいしく見せて販売した経験は、今もいかされている。退社後、1年間は海老名にある「県立かながわ農業アカデミー」に参加。「さまざまな経験に基づいたカリキュラムと、家族の知識と経験の“いいとこ取り”ができた」。

 現在は水菜のほか、コールラビやコーラルリーフ、葉ニンニクなども出荷している。「喜んでもらえる野菜を作りたい」と笑顔で話す。

「紅法師」の浅漬けとサラダ




お薦め品

水菜「紅法師」
1袋150~200グラム120~130円

ここで買える


JAセレサ川崎大型農産物直売所「セレサモス」麻生店

住所 川崎市麻生区黒川172
アクセス 小田急線黒川駅徒歩6分
電話 044(989)5311
営業時間 午前9時半~午後3時
定休日 水曜
公式HP https://www.jaceresa.or.jp/agri/ceresamos/
備考欄 駐車場あり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。

2022年2月4日公開 | 2022年2月3日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


相模原 大ちゃんの野菜の里芋 里芋で作るフライドポテトは絶品♡

「高付加価値の野菜を大量に栽培し、価格を抑えて販売したい」との思いで、品質の良い地元野菜の安定供給に取り組む「相模原...

相模原 大ちゃんの野菜(相模原市緑区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. サラダ専門店 カスタムサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」が横浜にオープン NEWoMan横浜

  2. うまい!最強!塊肉 MALLORY PORK STEAK 東戸塚店(横浜市戸塚区)のポークステーキ 2人で分けるなら700グラムの「マッターホルン」お薦め

    MALLORY PORK STEAK 東戸塚店

  3. クルミッ子 「クルミッ子」のキャラメルソース 鎌倉紅谷

  4. うまい!最強!塊肉 冒険者ギルド酒場(大和市)の魔獣の骨付き肉 大人の顔ほどの大きさ

    冒険者ギルド酒場(大和市)

  5. フルーツタルト シャインマスカットのショートケーキタルト ラ・メゾン アンソレイユターブル パティスリー

人気タグ