かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. YouTube「有隣堂しか知らない世界」が話題 MCのR.B.ブッコローと繰り広げる愉快なやりとりが魅力

気になる YouTube「有隣堂しか知らない世界」が話題 MCのR.B.ブッコローと繰り広げる愉快なやりとりが魅力

左から渡邊さん、R.B.ブッコロー、岡﨑さん。「有隣堂よりAmazonで買った方が安い」など遠慮のないブッコローのトークも人気だ
左から渡邊さん、R.B.ブッコロー、岡﨑さん。「有隣堂よりAmazonで買った方が安い」など遠慮のないブッコローのトークも人気だ

 県内を中心に展開する書店チェーン・有隣堂(横浜市戸塚区)の公式YouTubeチャンネル「有隣堂しか知らない世界」が話題だ。2020年6月30日にチャンネルを開設すると21年10月には登録者数10万人を突破。3月15日現在で13万7千人と驚異的な増加スピードを誇っている。企画責任者で広報秘書室担当課長の渡邊郁さんは「店舗がない四国や九州地方の方にも社名を認知してもらえて驚いている。全社一丸となって今後も盛り上げたい」と力を込める。

 19年末、松信健太郎社長の鶴の一声で始まったプロジェクト。大きな目的は同社のファン作りだ。制作プロデューサーとしてプロのクリエーターを迎え、TBSの「マツコの知らない世界」、テレビ神奈川の「saku saku」を参考に、同社の強みを生かせるコンテンツを作り上げた。

 番組内容は経営企画本部広報秘書課が練っている。社内のスタッフや各分野のゲストが出演し、MC(司会)を務めるミミズクのR.B.ブッコローと繰り広げる愉快なやりとりが見どころだ。作家・中山七里さんの生活を追った「職業作家の1日ルーティン」や、米津玄師さんのヒット曲「Lemon」などを古文に訳して歌う「古文訳J─POPの世界」など特色ある動画を毎週火曜日に公開している。


伊勢佐木町本店での収録の様子
伊勢佐木町本店での収録の様子

 個性豊かな出演者の1人が、商材開発課主任の岡﨑弘子さん。テレビ番組の「文房具王選手権」に2回出場したが優勝できなかったことから「文房具王になりそこねた女」という異名を持つ。1990年の入社から24年間、店舗で文具販売などに携わり、現在は文具・雑貨を仕入れるバイヤーとして活躍している。

 岡﨑さんは、記念すべき第1回「キムワイプの世界」に登場。自身が愛用する、実験器具の清掃に使われる紙製のシート「キムワイプ」について熱弁するも、当時の同社では取り扱いがなかったというオチが付く衝撃の回となった。その後も「ガラスペンの世界」「インクの世界」など文房具愛にあふれる内容が反響を呼び、現在は39本の動画に登場している。



BIBLIOPHILIC「グラシンペーパーカバー」(1100円)「シャリシャリとした手触り。半透明なので本の表紙を楽しみながら、本の日焼けを防いでくれる本好きのためのアイテムです」
BIBLIOPHILIC「グラシンペーパーカバー」(1100円)「シャリシャリとした手触り。半透明なので本の表紙を楽しみながら、本の日焼けを防いでくれる本好きのためのアイテムです」

BOOK DARTS「ブックダーツ缶入りブロンズ」(50個入り1540円)「とても薄い金属のクリップです。本を閉じてもかさばらすに印をつけることができます」
BOOK DARTS「ブックダーツ缶入りブロンズ」(50個入り1540円)「とても薄い金属のクリップです。本を閉じてもかさばらすに印をつけることができます」

カール事務器「ブックエンド」(大/2750円、小/1650円)「蛇腹でできた丈夫なスチール製のブックエンドは大切な本をしっかり支えてくれます。後ろに本が倒れることもなく、横幅の調節もできます」
カール事務器「ブックエンド」(大/2750円、小/1650円)「蛇腹でできた丈夫なスチール製のブックエンドは大切な本をしっかり支えてくれます。後ろに本が倒れることもなく、横幅の調節もできます」

岡﨑さん愛用のガラスペンとインクの一部。コロナ禍で会えなくなった母に手紙を書くため、ガラスペンをよく使うようになったという
岡﨑さん愛用のガラスペンとインクの一部。コロナ禍で会えなくなった母に手紙を書くため、ガラスペンをよく使うようになったという

 「自分のテンションが上がるもの、便利なもの」を紹介する一方で、おかもち型のカバン「オカモッティ」などクセが強い商品も数多く紹介。「自分が本当に面白いと思ったものを紹介しているのですが、実際に売れると驚くことも正直あります」と笑う。

 岡﨑さんのファンも増加中で「今後は、出演しているスタッフと交流できる催しも企画できたら」と渡邊さん。「現在は本と文具にまつわる内容が多いのですが、それ以外のジャンルにも世界を広げていきたいと思っています」

2022年3月24日公開 | 2022年3月20日神奈川新聞公開

最新動画


オススメ記事⇩


文化部探検隊 文化部員の体験記話題のマンガ「#神奈川に住んでるエルフ」 県民なら思わずニヤリ「あるある」満載

この春、発売されたマンガ「#神奈川に住んでるエルフ」が話題を呼んでいる。エルフとはファンタジー作品に多く登場する妖精...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イタリアンレストラン 横浜・新山下の「TYCOON」跡地に「Re:Journal(リジャーナル)」オープン

  2. ぶらり♪街めぐり 焼き立てパン食べ放題&選べるスープ◇BRICKS STUDIO(横浜市中区)

    BRICKS STUDIO(横浜市中区)

  3. サンドイッチ sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

    サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

  4. コーヒー 秘密基地のようなスペシャリティーコーヒー店 みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市高津区)

    みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市)

  5. 季節の変わり目に朝活 海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)の朝茶漬け体験 胃も心も潤うような時が流れる

    海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)

人気タグ