かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. Sweet eggs(相模原市南区)の生プリン コクのある味わい、なめらかな舌触り、ほのかに卵の香りがする逸品

推し プリンが食べたい
Sweet eggs(相模原市南区)の生プリン コクのある味わい、なめらかな舌触り、ほのかに卵の香りがする逸品

  • スウィートエッグス(相模原市南区)

シェア・新聞購入ボタン

〔手前から時計回りに〕「生プリン」、「焼きプリン」、「抹茶プリン」、「和三盆プリン」
〔手前から時計回りに〕「生プリン」、「焼きプリン」、「抹茶プリン」、「和三盆プリン」

 養鶏場・小川フェニックスが営むカフェ併設直売店で購入できる「生プリン」(292円)は、コクのある味わいになめらかな舌触り、ほのかに卵の香りがする逸品。

 新鮮なブランド卵をぜいたくに使い、素材の味を生かした看板商品は、カラメルソースをつけるのがもったいないほどのおいしさだ。

 使用するのは、その日に採れた相模原市の名産品「鳳凰卵(ほうおうらん)」。自家配合の飼料と古代樹の層でろ過した地下水を与え、ストレスのない環境で育った卵は生食でも驚くほどうまい。


飼料や飼育環境にこだわり愛情を込めて育てた鶏が産む「鳳凰卵」は、濃い黄身が特徴でコクのある味わい
飼料や飼育環境にこだわり愛情を込めて育てた鶏が産む「鳳凰卵」は、濃い黄身が特徴でコクのある味わい

 「栄養たっぷりのおいしいものを、身近な人と楽しんでもらいたいんです」と語る販売促進担当の久木田幸城さん(45)。開放感のある店内で振る舞われる格別の卵料理を堪能したら、お土産にはぜひ、自家製プリンをお薦めしたい。

 ラインアップはしっかりした食感の「焼きプリン」(314円)に、さっぱりした味わいの「甘さひかえめプリン」(292円)、抹茶やゴマなど(各324円)。シーズン限定フレーバーも登場する。



2022年4月3日公開 | 2022年3月26日神奈川新聞掲載


スウィートエッグス

住所 相模原市南区麻溝台5の14の39
アクセス 小田急線相模大野駅からバスで麻溝台下車1分
電話 042(705)7313
営業時間 平日午前9時半~午後6時、土日・祝日は午前7時~午後6時。イートインは同5時L.O.
定休日 無休
公式HP https://kokekoko.ocnk.net/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


「ひつじのショーン」陶器入りプリン、マーロウ

マーロウ(横須賀市)は18日から、英国の人気アニメ「ひつじのショーン」とコラボレーションした「2022年ひつじのショ...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ