かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 加満田(湯河原町)の「どうだん」 小林秀雄が愛用した部屋、木々を揺らす風音が心地よい

推し 文豪が愛した神奈川名宿
加満田(湯河原町)の「どうだん」 小林秀雄が愛用した部屋、木々を揺らす風音が心地よい

  • 加満田(湯河原町)

シェア・新聞購入ボタン

小林秀雄が愛用した「どうだん」。ソファ席と目線が合うようにと段差をつけた洋室とつながっている
小林秀雄が愛用した「どうだん」。ソファ席と目線が合うようにと段差をつけた洋室とつながっている

初代女将のかつさん(右)と写った小林秀雄(中央)
初代女将のかつさん(右)と写った小林秀雄(中央)

 奥湯河原行きバスの終点にある1939年創業の自家源泉掛け流しの宿。メインの通りから外れ日常から切り離されたその宿は多くの文人墨客に愛され、その風情を今なお残す。

 宇野千代が創刊した雑誌「文體(ぶんたい)」で連載を書く小林秀雄を、宿で執筆に専念させる「缶詰」第1号にしたことでも有名だ。小林は生涯加満田を愛用し、自ら名付けた「どうだん」という部屋でのんびりしたり、友人らと酒を飲んだりして過ごした。水上勉は、長い時は一年の半分を離れで執筆し、普段でも定宿としていたという。


著書に書かれた水上勉のサイン
著書に書かれた水上勉のサイン

 部屋の目の前は林で、小川のせせらぎや鳥のさえずり、風が木々を揺らす音が心地よい。現女将(おかみ)の鎌田るりこさんは「さまざまな色の緑が美しい新緑の時季がお薦め。毎年何よりも楽しみ」と顔をほころばせる。

 山に沿って4棟に分かれた館は長い内廊下でつながり、それぞれの廊下には文人や著名人の直筆の書簡などが飾られる。部屋にあいさつに来る女将に頼めば文人の資料やエピソードを聞くことができ「そこに座られていた」と聞き驚く客もいるという。文人も入った名湯につかり、思いをはせてみては。


長い廊下には、文人の写真や文章が飾られる
長い廊下には、文人の写真や文章が飾られる

庭を眺める貸切風呂。源泉掛け流しなので塩素も入らず、良質な温泉と景色が楽しめる
庭を眺める貸切風呂。源泉掛け流しなので塩素も入らず、良質な温泉と景色が楽しめる


2022年5月1日公開 | 2022年4月23日神奈川新聞掲載


加満田(かまた)

住所 足柄下郡湯河原町宮上784
アクセス JR湯河原駅からバスで奥湯河原下車3分
電話 0465(62)2151
公式HP http://www.kamata-oku.com/
備考欄 どの部屋にも部屋風呂があるほか、貸切露天風呂2つ、大風呂2つがあり、すべて源泉掛け流し

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


実写映画「文豪ストレイドッグス BEAST」1月公開 「ヨコハマ」舞台の〝異能〟アクションバトル

架空の都市「ヨコハマ」を舞台に、芥川龍之介、中島敦、太宰治ら文豪の名を持つ登場人物たちが特殊能力で戦う人気マンガ「文...

文豪ストレイドッグス、公開記念フェア 東急ハンズ横浜店で1月23日まで

東急ハンズ横浜店では、「映画『文豪ストレイドッグス BEAST』公開記念フェア」を23日まで開催中だ。6階の特設「文...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 文化部探検隊 文化部員の体験記 「#神奈川に住んでるエルフ」第2巻 県民禁断テーマ「“湘南”とはどこか」収録

  2. K-Person 李相日さんに聞く 純粋な関係性に希望 情趣にあふれた映像

  3. 弁当 【横浜】初夏の味わい3種 崎陽軒が発売

  4. 鶴見で注目!沖縄スポット おきなわ物産センター(横浜市鶴見区)の物産品 食材、缶詰、菓子など千種類以上

    おきなわ物産センター(横浜市鶴見区)

  5. 鶴見で注目!沖縄スポット 沖縄陶器&インテリア Kilott(鎌倉市)の「やちむん」「琉球ガラス」 優しくて美しい

    沖縄陶器&インテリア Kilott(鎌倉市)

人気タグ