かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 七沢温泉 福元館(厚木市)の高台に建つ離れ 小林多喜二が1カ月ほど滞在、直筆の書など展示

推し 文豪が愛した神奈川名宿
七沢温泉 福元館(厚木市)の高台に建つ離れ 小林多喜二が1カ月ほど滞在、直筆の書など展示

  • 七沢温泉 福元館(厚木市)

シェア・新聞購入ボタン

多喜二にまつわる多くの資料を大切に保管・展示している離れ
多喜二にまつわる多くの資料を大切に保管・展示している離れ

多喜二にまつわる多くの資料を大切に保管・展示している離れ
多喜二にまつわる多くの資料を大切に保管・展示している離れ

 自然湧水の強アルカリ性の湯が「美人の湯」「美肌の湯」と称される七沢温泉。宿泊はもちろん、旬の山菜などの地元食材をふんだんに使った料理や、気軽に利用できる日帰り入浴が人気の「福元館」では、艶やかな肌をした6代目女将の古根村春代さん(70)が明るい笑顔で客を迎える。

 古くからの家屋を守りながら増改築した宿は、重ねてきた時を感じさせる懐かしい雰囲気だ。

 高台に建つ離れには「蟹工船」「党生活者」などの作品で知られるプロレタリア文学(※)の代表的な作家・小林多喜二が1カ月ほど滞在し、小説「オルグ」を執筆した。現在は手あぶり火鉢や茶だんす、多喜二にまつわる書籍や資料、直筆の書などを展示している。

 1856(安政3)年の創業以来、社会運動や政治活動に翻弄されたさまざまな人々が訪れ、都度温かく受け入れてきた。



「いろんな人との出会いが本当に私の幸せなのよ」と話す古根村さん。「うちのお風呂につかって『疲れがとれた』と言ってもらえたら、もう最高の気分ね」と目を細める。

(※)プロレタリア文学…労働者階級が直面する現実の厳しさを描いた文学作品



2022年5月3日公開 | 2022年4月23日神奈川新聞掲載


七沢温泉 福元館(ななさわおんせん ふくもとかん)

住所 厚木市七沢2758
アクセス 小田急線本厚木駅・厚木バスセンターからバスで広沢寺温泉入口下車10分
電話 046(248)0335

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


実写映画「文豪ストレイドッグス BEAST」1月公開 「ヨコハマ」舞台の〝異能〟アクションバトル

架空の都市「ヨコハマ」を舞台に、芥川龍之介、中島敦、太宰治ら文豪の名を持つ登場人物たちが特殊能力で戦う人気マンガ「文...

文豪ストレイドッグス、公開記念フェア 東急ハンズ横浜店で1月23日まで

東急ハンズ横浜店では、「映画『文豪ストレイドッグス BEAST』公開記念フェア」を23日まで開催中だ。6階の特設「文...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ