かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 老舗中国料理店「二楽荘」(鎌倉市)のえびの汁そば 川端康成や大佛次郎らの締めの一品

推し 鎌倉文士が親しんだ味
老舗中国料理店「二楽荘」(鎌倉市)のえびの汁そば 川端康成や大佛次郎らの締めの一品

  • 老舗中国料理店「二楽荘」(鎌倉市)

シェア・新聞購入ボタン

丸鶏からとった透明な上湯(シャンタン)にしっかりと塩味を付けた濃厚スープは逸品。花シュウマイは通常の3倍ほどの大きさで、鹿児島産黒豚の濃くジューシーな味わい
丸鶏からとった透明な上湯(シャンタン)にしっかりと塩味を付けた濃厚スープは逸品。花シュウマイは通常の3倍ほどの大きさで、鹿児島産黒豚の濃くジューシーな味わい

 川端康成や大佛次郎らがたびたび会食を重ねた老舗中国料理店「二楽荘」。締めの一品として食べられていたという上海風「えびの汁そば」(1430円)や、会食後の〝いつもの土産〟の「花シュウマイ」(2個528円)など、文豪が愛した店として今も多くの人々に愛されている。


大佛次郎「敗戦日記」と、中国語と日本語が併記されている創業当時のメニュー
大佛次郎「敗戦日記」と、中国語と日本語が併記されている創業当時のメニュー

 創業は1934(昭和9)年。大佛次郎が44(同19)~45(同20)年に記した「敗戦日記」には、食通で知られる川端康成や久米正雄、里見弴らと同店で会食を重ねていたと書かれている。記述を追うだけでも30回を超え、文士たちの社交の場でもあった。


「店で食事をした1日が幸せな日になってほしい」。四十八願さんの温かい人柄に引かれて通う常連客も多い
「店で食事をした1日が幸せな日になってほしい」。四十八願さんの温かい人柄に引かれて通う常連客も多い

 4代目の四十八願(よそなら)勉さんは、「祖父によると、中国の高級食材『ウミツバメの巣』やフカヒレの姿煮など、さまざまな料理で酒をたしなんでいたそうです」と振り返る。当時から変わらない500種にも及ぶ豊富なメニューから、年齢層や要望に合わせたコースをコーディネート。最上の料理ときめ細やかな心遣いで、多くの食通たちをうならせ続けている。



2022年5月8日公開 | 2022年4月30日神奈川新聞掲載


二楽荘

住所 鎌倉市小町2の7の2
アクセス 鎌倉駅東口徒歩3分
電話 0467(22)0211
営業時間 午前11時半~午後7時L.O.(コース利用などの場合は同8時)
定休日 不定休
備考欄 花シュウマイは5個1155円、10個2376円の土産用の箱詰めもあり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


横浜・野毛 今どきの店、愛されてきた店大来(横浜市中区)のタンメン 麺が隠れるほど野菜がたっぷり

野毛に中華料理の名店は数あれど、ここの「タンメン」(800円)のおいしさは特筆もの。麺が隠れるほど野菜がたっぷり入り...

だいらい(横浜市中区)

Let'sチャージ鮨らぁー麺 釣りきん 鶴屋町店(横浜市神奈川区)の凄い!真鯛らぁー麺 赤酢握り5貫セット  おなかも心も大満足

「すしとラーメン。一度に両方を味わいたい」。この欲張りな願望をかなえてくれる店が昨年10月、横浜駅西口に誕生した。横...

鮨らぁー麺 釣りきん 鶴屋町店(横浜市神奈川区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ