かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 力餅家(鎌倉市)の権五郎力餅 芥川龍之介が鎌倉在住中に食し創作の力にした餅

推し 鎌倉文士が親しんだ味
力餅家(鎌倉市)の権五郎力餅 芥川龍之介が鎌倉在住中に食し創作の力にした餅

  • 力餅家(鎌倉市)

シェア・新聞購入ボタン

武士たちが石を使って力比べをした「力石」に供え、参列者に分け与えられたことから名付けられた権五郎力餅(㊨10個入り750円~)。日持ちのする求肥力餅㊧もある
武士たちが石を使って力比べをした「力石」に供え、参列者に分け与えられたことから名付けられた権五郎力餅(㊨10個入り750円~)。日持ちのする求肥力餅㊧もある

 「今力餅をくひながら小説をかいている、鎌倉権五郎(ごんごろう)のエネルギイを借りやうと思つて」。芥川龍之介が久米正雄に宛てたはがきの中に、こんな記述がある。「鎌倉権五郎」とは、御霊神社の祭神・鎌倉権五郎景政のこと。その名からとった老舗和菓子店「力餅家」の「権五郎力餅」を、芥川は鎌倉在住中に食し、創作の力にしたとされている。

 権五郎力餅は、出来たての餅をきめ細かなこしあんでくるんだ同店の創業当時からの名物だ。すべて自家製で無添加。現代に合うようあっさりとした甘さに変化したものの、江戸時代から300年以上、変わらない製法を貫く。



 長谷に住んでいた川端康成も同店の常連で、散歩の途中にふらりと立ち寄っていたそうだ。「一度お金を忘れて後日お持ちいただいたこともあったそうですよ」と同店の安齊陽子さんはほほ笑む。文豪らが創作の力にしただけでなく、目の前にある極楽寺へ向かう坂は昔、押し屋がいたほど険しい坂だったため、力餅でおなかを満たしてから上る人も多かったそうだ。



2022年5月9日公開 | 2022年4月30日神奈川新聞掲載


力餅家

住所 鎌倉市坂ノ下18の18
アクセス 江ノ電長谷駅徒歩3分
電話 0467(22)0513
営業時間 午前9時~午後6時
定休日 午前9時~午後6時
公式HP https://www.chikaramochiya.com/
備考欄 入店制限あり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


心華やぐ桜のメニュー御菓子司 三吉野(大和市)の和菓子「桜あんだんご」 自家製あんこのファン多い

団子、まんじゅう、おはぎなど四季折々の和菓子に焼き菓子、のり巻きやおにぎりなどが並ぶ昔ながらの和菓子店。二代目・小嶋...

御菓子司 三吉野(大和市)

ゴーフレット鎌倉時代をイメージした包装の菓子セット 鎌倉五郎本店が「鎌倉五郎の13枚」

鎌倉座(鎌倉市)が展開する菓子店「鎌倉五郎本店」は28日、「鎌倉五郎の13枚」を発売する。 半月形のゴーフレットにク...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 文化部探検隊 文化部員の体験記 「#神奈川に住んでるエルフ」第2巻 県民禁断テーマ「“湘南”とはどこか」収録

  2. K-Person 李相日さんに聞く 純粋な関係性に希望 情趣にあふれた映像

  3. 弁当 【横浜】初夏の味わい3種 崎陽軒が発売

  4. 鶴見で注目!沖縄スポット おきなわ物産センター(横浜市鶴見区)の物産品 食材、缶詰、菓子など千種類以上

    おきなわ物産センター(横浜市鶴見区)

  5. 鶴見で注目!沖縄スポット 沖縄陶器&インテリア Kilott(鎌倉市)の「やちむん」「琉球ガラス」 優しくて美しい

    沖縄陶器&インテリア Kilott(鎌倉市)

人気タグ