かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. Original self photostudio(横浜市中区)みなとみらい店 若者中心に人気拡大中のセルフ写真館

気になる イマ的生活
Original self photostudio(横浜市中区)みなとみらい店 若者中心に人気拡大中のセルフ写真館

  • オリジナル セルフ スタジオ(横浜市中区)

シェア・新聞購入ボタン

15分間いろいろなポーズで撮ってみよう。あえてのモノクロ撮影がトレンドだ
15分間いろいろなポーズで撮ってみよう。あえてのモノクロ撮影がトレンドだ

 パシャッ!パシャッ!っとカメラのシャッター音が響く写真スタジオ。しかしカメラマンの姿は見当たらず…。

 手元のシャッターを使って自分で撮影する〝セルフ写真館〟が増加中だ。韓国発祥のサービスで、2020年に日本上陸。人目を気にすることなく本格的な写真が撮れると、会員制交流サイト(SNS)を利用する若者を中心に人気が拡大。密を避けられることも追い風になった。

 訪ねたのは「Original self photostudio(オリジナル セルフ フォトスタジオ)」のみなとみらい店。全国に写真スタジオを運営するキャラット(本社・奈良県)が手がけ、昨年8月にオープンした。キッズやマタニティフォトを行う写真館「スタジオキャラット」と、結婚写真専門の「クレールブライダルスタジオ」に併設されており、明るく華やかな雰囲気に気分も上がる。


プロ仕様の機材を備えた専用スタジオ。ポーズ集やサングラス、ブーケなどの小道具もそろえる
プロ仕様の機材を備えた専用スタジオ。ポーズ集やサングラス、ブーケなどの小道具もそろえる

 制限時間は15分、撮影枚数の制限はない。個人で気軽に撮る人や、カップルや友達で記念日の思い出作り、オーディション用、ネットショップ用など利用者も用途もさまざまだ。「当初は10~20代に人気でしたが、今では親子や家族連れなども多くなりました」と同社の金城有香さん(28)は話す。

 基本料金1人1500円。カラーとモノクロを選択でき、両方の場合は1組別途千円。写真データは、写真や動画を共有できるサービス「エアドロップ」経由で受け取るか、ダウンロードリンクを送ってもらえる。「リラックスしながら撮影できるのがセルフ写真館の魅力。自分だけの空間で15分間を楽しんでほしい」と金城さん。スタジオ内はマスクを外して構わないので、飛び切りの笑顔でポーズを決めてみては。

予約・問い合わせ(全店舗共通)
https://original.caratt.jp/
☎050(1861)4062

2022年5月12日公開 | 2022年5月12日神奈川新聞掲載


Original self photostudio(オリジナル セルフ スタジオ)

住所 神奈川県横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ6F スタジオキャラット内
アクセス 桜木町駅徒歩10分(横浜ワールドポーターズ6階)
電話 050(1861)4062
営業時間 午前11時~午後7時(最終受け付けは同6時半)
公式HP https://original.caratt.jp/
備考欄 ※相模大野店(ステーションスクエア7階)、武蔵小杉店(東急スクエア5階)もあり。

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


バラ山手の西洋館とバラの魅力を楽しむ「山手ローズウィーク」

バラの咲く山手の西洋館とバラの魅力を楽しむ「山手ローズウィーク」が22日まで開催されている。 期間中、山手イタリア山...

将棋将棋作品をひもとく!〝読む将〟のススメ展

6月26日まで、午前10時~午後5時、町田市民文学館ことばらんど・2階展示室(JR町田駅ターミナル口徒歩8分)。無料...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 文化部探検隊 文化部員の体験記 「#神奈川に住んでるエルフ」第2巻 県民禁断テーマ「“湘南”とはどこか」収録

  2. K-Person 李相日さんに聞く 純粋な関係性に希望 情趣にあふれた映像

  3. 弁当 【横浜】初夏の味わい3種 崎陽軒が発売

  4. 鶴見で注目!沖縄スポット おきなわ物産センター(横浜市鶴見区)の物産品 食材、缶詰、菓子など千種類以上

    おきなわ物産センター(横浜市鶴見区)

  5. 鶴見で注目!沖縄スポット 沖縄陶器&インテリア Kilott(鎌倉市)の「やちむん」「琉球ガラス」 優しくて美しい

    沖縄陶器&インテリア Kilott(鎌倉市)

人気タグ