かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 鶴見沖縄県人会 横浜鶴見プロジェクト実行委員会でちむどんどん 「リトル沖縄」の魅力発信

推し 鶴見で注目!沖縄スポット
鶴見沖縄県人会 横浜鶴見プロジェクト実行委員会でちむどんどん 「リトル沖縄」の魅力発信

  • 鶴見沖縄県人会 横浜鶴見プロジェクト実行委員会

シェア・新聞購入ボタン

「ちむどんどん」のオリジナルメッセージが流れる鶴見区役所1階ロビー
「ちむどんどん」のオリジナルメッセージが流れる鶴見区役所1階ロビー

 「ちむどんどん」の放送がスタートし、注目を集める横浜市鶴見区。沖縄食材品や雑貨の販売店、料理店などが点在し、「リトル沖縄」と呼ばれる仲通・潮田町・汐入町エリアは沖縄にルーツを持つ人々が多く居住する。



「ちむどんどん」のストーリーや人物相関図のパネルを展示中の鶴見区役所1階ロビー
「ちむどんどん」のストーリーや人物相関図のパネルを展示中の鶴見区役所1階ロビー

 「1900年代初頭に仕事を求めて沖縄から約3万人が鶴見区へ移り住み、受け継いできた伝統を守りながら暮らしています」と話すのは横浜・鶴見沖縄県人会青年部の野村拓哉さん(44)。現在は同会を中心としたコミュニティーがイベント開催などを通じて沖縄文化の魅力を伝える活動を行っている。

 「ここに来れば現地と変わらない沖縄料理があり、個性的で面白い人がたくさん! ディープな沖縄を体感できる街で多文化とのふれあいを楽しんでいただけると思いますよ」と笑顔だ。


「鶴見でちむどんどんチャンネル」では鶴見区で共生する多文化の魅力を配信中
「鶴見でちむどんどんチャンネル」では鶴見区で共生する多文化の魅力を配信中

 昨年12月には自治体や商店街、大学などが集い「横浜鶴見プロジェクト」を発足。さらなる地域活性を目的に、周辺の料理店や菓子店、企業がコラボレーションした限定商品を販売。You Tubeチャンネル「鶴見でちむどんどんチャンネル」を開設するなど、「リトル沖縄」の魅力を余すところなく発信している。



2022年5月21日公開 | 2022年5月14日神奈川新聞掲載


横浜鶴見プロジェクト

電話 045(510)1676
公式HP https://tsurumi-chimudondon.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


弁当【横浜】「ちむどんどん」な沖縄弁当いかが 崎陽軒が発売

崎陽軒(横浜市西区)は13日、「ちむどんどんする横浜・沖縄弁当」を横浜・川崎を中心とした約50店舗で期間限定発売する...

フェスはいさいFESTA 5月3~7日、ラ チッタデッラほか

5月3~7日午前10時~午後8時、ラ チッタデッラほか、JR川崎駅東口周辺。沖縄をテーマにした首都圏最大級のイベント...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ