かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. てぃんがーら(横浜市鶴見区)の沖縄そば 中太ちぢれ麺、もちもちの食感

推し 鶴見で注目!沖縄スポット
てぃんがーら(横浜市鶴見区)の沖縄そば 中太ちぢれ麺、もちもちの食感

  • てぃんがーら(横浜市鶴見区)

シェア・新聞購入ボタン


 2020年にオープンした沖縄そばと雑貨の店。雑貨は「やちむん」や「琉球ガラス」などの器がメインに並ぶ。

 「暮らしにこの器があることで、気持ちが豊かになり、沖縄を感じられたら」と話すのは、店長の佐藤里奈さん。自ら沖縄の窯元へ出向き、直接買い付ける。器の説明だけでなく、窯元の様子や作り手についても伝えてくれる。


壺屋地域の伝統的手法を守りながら新しいデザインにも挑戦する「壺屋焼窯元 陶眞窯」のやちむんも並ぶ
壺屋地域の伝統的手法を守りながら新しいデザインにも挑戦する「壺屋焼窯元 陶眞窯」のやちむんも並ぶ

廃瓶を再利用する製法と技法にこだわる「ガラス工房 清天」の「Sモールグラス」も人気
廃瓶を再利用する製法と技法にこだわる「ガラス工房 清天」の「Sモールグラス」も人気

 店内奥で味わえる沖縄そばは、自社で製麺した中太でちぢれのあるもちもちとした食感が特徴だ。

 人気は三枚肉(バラ肉)とソーキ(あばら肉)の両方が楽しめる「おきなわそば」(800円)。一度ゆでこぼした上でアクと脂を手作業で1枚ずつ取り除き、じっくり煮込んだ肉は、臭みやあぶらっぽさが抜け、ほどけるような食感。豚骨とカツオのすっきりとしたスープが麺にからむ。



沖縄の炊き込みご飯「じゅーしぃ」(200円)と一緒に味わう客が多い。「麺は、隣の物産センターでも購入できます。焼きそばや鍋のシメにも合いますよ」と佐藤さん。

2022年5月22日公開 | 2022年5月14日神奈川新聞掲載


てぃんがーら

住所 神奈川県横浜市鶴見区仲通3-74-14、おきなわ物産センター隣
電話 045(504)7816=おきなわ物産センター
営業時間 午前11時~午後2時半L.O.(雑貨コーナーは同5時まで)
定休日 水・木曜
公式HP https://okinawa-bussan.net/publics/index/17/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


弁当【横浜】「ちむどんどん」な沖縄弁当いかが 崎陽軒が発売

崎陽軒(横浜市西区)は13日、「ちむどんどんする横浜・沖縄弁当」を横浜・川崎を中心とした約50店舗で期間限定発売する...

フェスはいさいFESTA 5月3~7日、ラ チッタデッラほか

5月3~7日午前10時~午後8時、ラ チッタデッラほか、JR川崎駅東口周辺。沖縄をテーマにした首都圏最大級のイベント...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ