かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 阿波連本流啓扇会 上間裕子琉舞研究所(川崎市川崎区)でちむどんどん 琉球舞踊を研究

推し 鶴見で注目!沖縄スポット
阿波連本流啓扇会 上間裕子琉舞研究所(川崎市川崎区)でちむどんどん 琉球舞踊を研究

  • 阿波連本流啓扇会 上間裕子琉舞研究所

シェア・新聞購入ボタン


琉球舞踊の基礎が詰まった古典舞踊の「かぎやで風(ふう)」から始まり雑踊、創作舞踊もまんべんなく練習する
琉球舞踊の基礎が詰まった古典舞踊の「かぎやで風(ふう)」から始まり雑踊、創作舞踊もまんべんなく練習する

 鶴見と並び、沖縄とゆかりが深い川崎。1949年設立の「川崎沖縄芸能研究会」は、舞踊や三線、太鼓、胡弓、琴など30の研究所(教室)が所属し、県指定無形民俗文化財になっている。旅行などで沖縄文化に興味を持ち、門戸をたたく人も多い。

 沖縄に伝わる「琉球舞踊」の同研究所では、阿波連(あはれん)本流教師の上間裕子さんが指導。沖縄出身の母親が初代家元の娘・故阿波連明美さんに師事し、師範として鶴見で活動していたのを引き継いだ。「鶴見でちむどんどんチャンネル」の動画に同研究所が出演している。



 琉球舞踊は主に、宮廷で踊られていた「古典舞踊」、庶民の生活から生まれた「雑踊(ぞぅうどぅい)」、戦後に作られた「創作舞踊」がある。

 カチャーシーとは異なり、伝統的な沖縄音楽に乗せて目線や指先まで丁寧に動かす。古典舞踊はテンポがゆっくりで、さながら〝和製フラ〟。「何歳からでも始められる。体幹が鍛えられますよ」と、上間さんは笑顔で話す。



2022年5月26日公開 | 2022年5月14日神奈川新聞掲載


阿波連本流啓扇会 上間裕子琉舞研究所

住所 川崎市川崎区中島2の3の3、沖縄県人会館
アクセス JR川崎駅からバスで中島交番前下車3分
電話 090(7105)0670
営業時間 木・土曜午後1~3時
公式HP https://www.mapion.co.jp/phonebook/M04005/14101/tm_tsurumi_tsurumi114_kanko/
備考欄 会場の空き状況により鶴見沖縄県人会館で開催の場合あり。体験参加は1カ月(週1回)無料。動きやすい服装で。10月16日には「沖縄芸能大会」をカルッツかわさきで開催。

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


フェスはいさいFESTA 5月3~7日、ラ チッタデッラほか

5月3~7日午前10時~午後8時、ラ チッタデッラほか、JR川崎駅東口周辺。沖縄をテーマにした首都圏最大級のイベント...

【横浜】「ちむどんどん」な沖縄弁当いかが 崎陽軒が発売

崎陽軒(横浜市西区)は13日、「ちむどんどんする横浜・沖縄弁当」を横浜・川崎を中心とした約50店舗で期間限定発売する...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. シネマ散歩 是枝監督最新映画ベイビー・ブローカー 赤ちゃんを売る。それだけのはずだった...

  2. ポテトサラダ大集合 ネギッチンneginegi(藤沢市)のベーコンと長葱のポテトサラダ ネギを生かしたシンプルな味

    ネギッチンneginegi(藤沢市)

  3. K-person 江戸家小猫さんに聞く 「真面目」に動物になりきる

  4. パフェ ホテルニューグランド「プリン・ア・ラ・モード パフェ」

  5. ぶらり♪街めぐり 生麺使う本場のフォー◇フォーミン関内店(横浜市中区)

    フォーミン関内店(横浜市中区)

人気タグ