かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. シルク博物館所蔵品展「紬(つむぎ)のきもの」

気になる ミュージアム・ナビ
シルク博物館所蔵品展「紬(つむぎ)のきもの」

  • シルク博物館(横浜市中区)

シェア・新聞購入ボタン

丹精込めて作られた紬の着物を興味深く眺める来館者=シルク博物館
丹精込めて作られた紬の着物を興味深く眺める来館者=シルク博物館

 真綿から引き出した紬糸で織った絹織物「紬」に焦点を当てた企画展。所蔵品を中心に紬を使った着物や着尺地(反物)など66点を展示する。

 紬は販売できないくず繭を使い、各地の養蚕地域で素朴な織物として広く普及してきた。それぞれの地域性を生かし、つむぎ方や織り方、染め方に特色がある。

 会場では南足柄市に工房を構え、出身地・岐阜県の郡上紬の継承に尽力した故宗廣力三ら人間国宝の作品や伝統的工芸品に指定されている久米島紬(沖縄県)、結城紬(茨城県・栃木県)、本場大島紬(鹿児島県)、置賜(おいたま)紬(山形県)をはじめとする着物や反物などを紹介。

 江戸から明治期にかけ津久井地方で織られ「まぼろしの紬」と称された「川和縞(かわわじま)」の袴(はかま)を特別に展示。愛川町半原の小島家に伝わる男子袴は艶やかな黒色と緑で美しい縞模様が織り出されている。手仕事の極致ともいえる紬の魅力に触れられる。

 ※6月5日まで。月曜休館。一般500円ほか。みなとみらい線日本大通り駅徒歩3分。問い合わせは同館、電話045(641)0841。

2022年5月20日公開 | 2022年5月20日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


原画展舘野鴻絵本原画展「がろあむし 描かれた相模原の自然」

6月5日まで、午前9時半~午後5時、相模原市立博物館特別展示室(JR淵野辺駅徒歩20分)。無料。 横浜市出身で、昆虫...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. 弁当 夏の味覚を詰め合わせた弁当 崎陽軒の新作

  3. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  4. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  5. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

人気タグ