かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 帽子小屋 kita-kamakura(鎌倉市)で夏帽子 帽子作家が開く帽子作り教室

推し おしゃれにキャップ、暑さ対策も
帽子小屋 kita-kamakura(鎌倉市)で夏帽子 帽子作家が開く帽子作り教室

  • 帽子小屋 kita-kamakura(鎌倉市)

シェア・新聞購入ボタン

丈夫で初心者でも扱いやすいラフィア(ヤシの葉の繊維)の夏帽子。つばの部分も自由にアレンジできる
丈夫で初心者でも扱いやすいラフィア(ヤシの葉の繊維)の夏帽子。つばの部分も自由にアレンジできる

 北鎌倉の静かな路地の一角に、鎌倉在住の帽子作家・かとうひろみさんが開く帽子作りの教室がある。教室に飾られた帽子は、「HIRORIN-BOW(ひろりんぼう)」と名付けられたかとうさんによる一点もの。色とりどりの帽子に囲まれながら、生徒らは思い思いの帽子作りに励む。

 ジュエリーデザイナーだったかとうさんは帽子好きが高じて製作を学び、これまでに1200個近いオリジナル帽子を手がけてきた。



 作る楽しさを知ってもらおうと、2015年に常設店舗をオープン。初心者でも作りやすいベレー帽に始まり、5つの形の布帽子を作っていく通年の帽子教室や、1日で作れる単発ワークショップまで、幅広く門戸を開く。

 川崎市から通う20代と60代の親子は、〝推し〟に会うための帽子や日常使いできる帽子を製作。「自由にデザインできるのが魅力」と話す。夏に向け、涼しげな夏帽子や麻のカクテルハット作りなどのワークショップも開催中。自分だけの帽子に、夢は膨らむ。



手作り教室 夏の1Dayワークショップ(7月末まで)

 「ラフィアの型入れ夏帽子」と「麻ブレードで作る夏のカクテルハット」の2種。午前10時~午後3時(昼休憩あり)。各日3人。材料費込みで1万3800円。夏帽子は5つの木型から選べる。付けたいリボンや飾りは自身で持参。詳細は[HP]。
通年の連続教室は体験も可能(有料)。

2022年6月6日公開 | 2022年5月28日神奈川新聞掲載


帽子小屋 kita-kamakura

住所 鎌倉市山ノ内1386
アクセス JR北鎌倉駅徒歩5分
電話 0467(23)1130
営業時間 水~土曜の午後1~4時
公式HP https://boushigoya.com/
備考欄 [メール]info@boushigoya.com
[HP]https://boushigoya.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


鎌倉文士が親しんだ味鎌倉文学館(鎌倉市)の300超える展示品 当時の暮らしぶりがうかがえる

300人を超える鎌倉ゆかりの文学者の原稿や手紙などを展示している鎌倉文学館。大正の終わりから昭和にかけ、よりよい創作...

鎌倉文学館(鎌倉市)

京浜急行電鉄 ゲームデジタルきっぷとスマホゲームのコラボ企画 京浜急行電鉄とコーエーテクモゲームス

京浜急行電鉄(横浜市西区)は、同社の「デジタル葉山女子旅きっぷ」とコーエーテクモゲームス(同)のスマートフォンアプリ...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. シネマ散歩 是枝監督最新映画ベイビー・ブローカー 赤ちゃんを売る。それだけのはずだった...

  2. ポテトサラダ大集合 ネギッチンneginegi(藤沢市)のベーコンと長葱のポテトサラダ ネギを生かしたシンプルな味

    ネギッチンneginegi(藤沢市)

  3. K-person 江戸家小猫さんに聞く 「真面目」に動物になりきる

  4. パフェ ホテルニューグランド「プリン・ア・ラ・モード パフェ」

  5. ぶらり♪街めぐり 生麺使う本場のフォー◇フォーミン関内店(横浜市中区)

    フォーミン関内店(横浜市中区)

人気タグ