かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 民間アート施設「若葉町ウォーフ」が開館5周年で記念公演 

気になる アート
民間アート施設「若葉町ウォーフ」が開館5周年で記念公演 

「ウォーフでしか見られない挑戦的な芝居をつくっていきたい」と展望を語る佐藤信=横浜市中区
「ウォーフでしか見られない挑戦的な芝居をつくっていきたい」と展望を語る佐藤信=横浜市中区

 横浜の下町・若葉町に拠点を置く民間アート施設「若葉町ウォーフ」(同市中区)が今月開館5周年を迎え、記念公演を開催する。6月9日から20日にかけて2作の一人芝居を上演。演出する佐藤信(78)は、コロナ禍にも独自の表現を模索してきた活動を振り返りながら「芝居の原点に立ち返る舞台にしたい」と意気込む。

 「波止場のひとり舞台」と銘打ち、故・別役実の「風のセールスマン」と佐藤作「控室」を上演する。ともに佐藤が演出し、「風の─」はキャリア50年超の龍昇(りゅうしょう)(69)、「控室」は石橋蓮司らによる劇団「第七病棟」出身の渡辺修(69)が演じる。

 日本の不条理劇の第一人者、別役が柄本明に書き下ろした作品としても知られる「風の─」は、靴底シートを売り歩く男の物語。居場所を求めてさまよう男は、突拍子もない行動と語りでおかしさを醸しつつ、自らが存在する理由を追い求める。

 佐藤が22歳の時に手がけた「控室」はギリシャ悲劇をアレンジした3部作の1作。負け知らずの剣闘士が控室で待機中、ある気配を感じ取り、じわじわと追い詰められていく。


「どれだけ自由に演じられるかが勝負」「役同様に役者としても燃え尽きたい」とそれぞれ話す龍昇(左)と渡辺修
「どれだけ自由に演じられるかが勝負」「役同様に役者としても燃え尽きたい」とそれぞれ話す龍昇(左)と渡辺修

 「風の─」では男を見つめる「巨大な目玉」が登場する。「目玉も気配もまるでもう一人の自分。人間が持つ負の側面とともに、自身を相対的に捉える視点を芝居で描きたかった」と佐藤は言う。

 スタジオと宿泊スペース、小劇場が一体となったウォーフは2017年6月に開館。「自由劇場」や「劇団黒テント」での活動をはじめ、1960年代から劇作家や演出家として演劇界をけん引してきた佐藤が演劇の原点を次世代に引き継ごうと立ち上げた。

 アジアの舞台関係者との共同制作など企画を本格化させるはずだった年に新型コロナウイルスが流行。中止を余儀なくされたが、施設を街の「空き地」として開放し、「落書き」と称しアーティストらと壁を彩るなどして創作を絶やさなかった。近隣の文化施設や子どもたちを含めた交流拠点にもなっているという。

 5年の歳月の中で地域に根ざしたウォーフ。「初心に返り、人と出会う芝居を大切にしたい」と語る佐藤は共に舞台を創る観客にも思いをはせる。「舞台はお客さんが入って初めて完成するもの。たとえ少人数でも演じる意義があると、コロナ禍に実感したんです」

 今回の上演でも見る者の想像力に期待する。「年齢を重ねた私たちが体験的に語る物語から何かを感じ取ってもらえたら。舞台装置が消えた後も、皆さんの記憶に残り続けることが何よりの喜びです」

 「風のセールスマン」は9~13日。「控室」は16~20日。前売り券3500円、当日券4千円、2作通し券5千円。問い合わせは若葉町ウォーフ、電話045(315)6025。

2022年6月1日公開 | 2022年6月1日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


音楽THE THREE 国府弘子×藤原道山×SINSKEトリオが特別プログラム

22日午後6時半、新百合トウェンティワンホール(小田急線新百合ケ丘駅徒歩2分)。5千円、4千円、25歳以下2千円。全...

KAAT神奈川芸術劇場五大路子が一人芝居「横浜ローザ」 KAATで5月11~15日

かつて横浜で暮らした娼婦(しょうふ)「メリーさん」をモデルに、戦争に翻弄(ほんろう)されながらもたくましく生き抜いた...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. シネマ散歩 是枝監督最新映画ベイビー・ブローカー 赤ちゃんを売る。それだけのはずだった...

  2. ポテトサラダ大集合 ネギッチンneginegi(藤沢市)のベーコンと長葱のポテトサラダ ネギを生かしたシンプルな味

    ネギッチンneginegi(藤沢市)

  3. K-person 江戸家小猫さんに聞く 「真面目」に動物になりきる

  4. パフェ ホテルニューグランド「プリン・ア・ラ・モード パフェ」

  5. ぶらり♪街めぐり 生麺使う本場のフォー◇フォーミン関内店(横浜市中区)

    フォーミン関内店(横浜市中区)

人気タグ