かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 山口蓬春 新日本画への飛躍-モダニズムへの歩みを探る-

気になる ミュージアム・ナビ
山口蓬春 新日本画への飛躍-モダニズムへの歩みを探る-

  • 山口蓬春記念館 (葉山町)

シェア・新聞購入ボタン

山口蓬春「南嶋薄暮」(1940年、山口蓬春記念館蔵)
山口蓬春「南嶋薄暮」(1940年、山口蓬春記念館蔵)

 大正から昭和期に活躍した日本画家、山口蓬春(1893~1971年)。

 画業初期の「新興大和絵会」時代から、蓬春が近代日本画の進むべき方向をどう模索し、モダニズムへと飛躍していったのかを、当時の画家たちとの交流にも触れながら足跡を追う。

 東京美術学校を卒業後、新興大和絵会の一員としてやまと絵の伝統的な技法を学び、美術団体「六潮会(りくちょうかい)」を結成。日本画、洋画、美術評論といった流派を超えた同会の活動は蓬春にとって研さんの場となった。

 琳派や写実的な花鳥画表現からも影響を受け、独自の画風を模索し、新日本画として花開いていく。

 会場には、前・後期で計約60点を展示。台湾を訪れ描いた「南嶋薄暮」は、民族衣装をまとう女性や空に輝く明星などを美しい色彩で配し、南国のエキゾチシズムを表現している。

 現地の風景を熱心に写生し、撮影した制作の裏側も公開。異国の文化から受けた素直な感動が見て取れ、画家としての誠実な姿勢が感じられる。

 ※9月25日まで。月曜休館。一般600円ほか。JR逗子駅からバス「三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前」下車徒歩2分。問い合わせは046(875)6094。

2022年6月13日公開 | 2022年6月10日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ミュージアム・ナビ山口蓬春の古陶磁が奏でる美の世界

日本画家の山口蓬春(1893~1971年)による写生や下図、古陶磁器のコレクションなど53点を前期(3月6日まで)、...

山口蓬春記念館 (葉山町)

ミュージアム・ナビ崩壊と覚醒の70sアメリカ映画

アメリカ映画の転換期となった1960年代後半から70年代の作品に焦点を当てた企画展。ベトナム反戦や公民権運動、ウーマ...

鎌倉市川喜多映画記念館(鎌倉市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. かまぼこ スライムがかまぼこに 鈴廣かまぼこが新商品

  2. おしゃれにキャップ、暑さ対策も 横濱ハット(横浜市南区)は品ぞろえが豊富 カンカン帽の正規品も取り扱う

    横濱ハット(横浜市南区)

  3. 七変化タマゴの魅力 inside out cafe(平塚市)のカルボンチーノ 黄身が絡まりカルボナーラに変身

    inside out cafe(平塚市)

  4. かき氷 かき氷店 小桃(横浜市中区)のかき氷 食べ進めるのが楽しいかき氷

    かき氷店 小桃(横浜市中区)

  5. 中華まん 瀬戸内産レモンと鶏肉を合わせた中華まん 江戸清から

人気タグ