かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. Cafe茶珈(伊勢原市)のアフタヌーンティー 1人でも気軽に頼めるボリューム

推し 目にも美しいアフタヌーンティー
Cafe茶珈(伊勢原市)のアフタヌーンティー 1人でも気軽に頼めるボリューム

  • Cafe茶珈(伊勢原市)

シェア・新聞購入ボタン

熊倉さんの実家は、同じ通りの「とんかつ麻釉」。とんかつをもっと気軽にとカツサンドを置く
熊倉さんの実家は、同じ通りの「とんかつ麻釉」。とんかつをもっと気軽にとカツサンドを置く

 伊勢原出身の店主・熊倉美茶陶さんが「地元にほしいと思っていた空間を、自ら提供したい」とオープンさせた「Cafe茶珈(伊勢原市)」。

 飲食店を巡る中で心躍った〝いろいろなものを少しずつ〟楽しめ、1人でも気軽に頼めるボリュームの「アフタヌーンティー」(1450円)を用意する。

 日本紅茶協会認定の「おいしい紅茶の店」として、ピュアティーと呼ばれる本格的な紅茶と合わせてオーダーするのがお薦めだ。

 下段には看板メニューの「ヒレカツカツサンド」と「厚焼きたまごサンド」、サラダ2種とポテトフライ。



 上段は、ショーケースに並ぶ自家製スイーツ(写真上はその一部)から選んだ1種、クリームブリュレなど4種が載る。

 自家製スイーツは大山の豆腐、酒造の酒かす、地産の果物など地元食材を取り入れたものが多い。フロマージュブランチーズ、生クリームなどの層からなる「グレープフルーツタルト」は夏の限定品で、果実の酸味でさっぱりといだたける。

 「伊勢原産の食材はもっと取り入れたい。モーニングからアフタヌーンティーまで、心を込めた手作り品で楽しんでもらえたら」と熊倉さんは笑顔を見せた。




2022年6月18日公開 | 2022年6月11日神奈川新聞掲載


Cafe茶珈(チャコ)

住所 伊勢原市伊勢原1の19の1
アクセス 小田急線伊勢原駅徒歩3分
電話 0463(75)9119
営業時間 午前9時~午後5時半L.O.
定休日 火曜
公式HP https://www.instagram.com/isehara_cafe_chaco/?igshid=xntpzoy30cjz
備考欄 ※アフタヌーンティーは同2時~5時半。その他の時間帯でも予約またはその場で応相談

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩



この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ