かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. そばと豆腐の店 国分寺そば(海老名市)のトマトそば トマトソースとそばつゆが融合した冷製パスタを思わせるそば

推し 涼を感じる冷たいメニュー
そばと豆腐の店 国分寺そば(海老名市)のトマトそば トマトソースとそばつゆが融合した冷製パスタを思わせるそば

  • そばと豆腐の店 国分寺そば(海老名市)

シェア・新聞購入ボタン

和洋折衷な味わいの「トマトそば」と「鱧の天ぷら」は店の夏の風物詩
和洋折衷な味わいの「トマトそば」と「鱧の天ぷら」は店の夏の風物詩

 店の石臼でひきたてのそばは風味豊かで喉越しが良く、かむほどに感じる甘みが上品なおいしさ。国産大豆ににがりを使用する昔ながらの製法で作る豆腐も、その日の朝のできたてを提供する。濃厚な味わいで、こちらも評判だ。


2代目店主・市川さん「ご家族連れが二代、三代とお越しいただけることがうれしいですね。風味豊かでおいしいそばを気軽に味わっていただければ」
2代目店主・市川さん「ご家族連れが二代、三代とお越しいただけることがうれしいですね。風味豊かでおいしいそばを気軽に味わっていただければ」

 地域で長く愛されるそば店の2代目店主・市川雅史さん(62)が全国の契約農家から仕入れた食材でつくる料理は四季を感じさせるものが多く、そばメニューも定番に加えて月替わりの商品、旬の食材が入荷した時期だけ提供するものなどさまざま。


店では茨城県の「常陸秋そば」を使用。こだわりの玄そばを石臼でひく
店では茨城県の「常陸秋そば」を使用。こだわりの玄そばを石臼でひく

 夏季限定の「トマトそば」(1350円)は、特製のトマトソースとそばつゆが融合した冷製パスタを思わせるそばに、みずみずしいフレッシュトマトと大葉の香りが爽やか。温玉を絡めて味わった後、京都産の黒七味を軽くかけるのがお薦めという。華やかでパンチのあるスパイスの香りが後引く、うまさの変化を楽しめる一皿だ。ふっくらと厚みのある身でしっかりとしたうま味を感じる「鱧(はも)の天ぷら」(700円)や「そばソフトクリーム」(550円)など、人気店の夏の味を堪能してほしい。



2022年7月17日公開 | 2022年7月9日神奈川新聞掲載


そばと豆腐の店 国分寺そば

住所 海老名市国分南1の8の35
アクセス 海老名駅徒歩12分
電話 046(231)2261
営業時間 午前11時~午後3時、同5時~8時半。祝日は昼のみ営業
定休日 月・火曜
公式HP https://kokubunji.co.jp/
備考欄 駐車場あり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


サブスクのススメ豚肉創作料理やまと 横浜ランドマーク店で「やまと豚」使ったランチ 

直営牧場で厳しい品質管理のもと飼育した「やまと豚」を、さまざまな調理法で提供するレストラン。やまと豚は柔らかく甘みが...

豚肉創作料理やまと 横浜ランドマーク店

鶴見で注目!沖縄スポットてぃんがーら(横浜市鶴見区)の沖縄そば 中太ちぢれ麺、もちもちの食感

2020年にオープンした沖縄そばと雑貨の店。雑貨は「やちむん」や「琉球ガラス」などの器がメインに並ぶ。 「暮らしにこ...

てぃんがーら(横浜市鶴見区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ