かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 日本の刺繍のいろは(川崎市多摩区) 日本の伝統技術「日本刺しゅう」の教室 

推し 身につけて楽しむ「和」の世界
日本の刺繍のいろは(川崎市多摩区) 日本の伝統技術「日本刺しゅう」の教室 

  • 日本の刺繍のいろは(川崎市多摩区)

シェア・新聞購入ボタン


 絹布に絹糸で刺しゅうを施す日本の伝統技術「日本刺しゅう」の教室。絹の光沢やきらきらと輝く金糸銀糸は、うっとりと見とれてしまう美しさだ。

 「西洋刺しゅうとの大きな違いは、絹糸を使い〝糸を縒(よ)る〟こと」と、主宰の沖文(おきふみ)さん。刺しゅうのデザインやサイズにより糸の太さを変えるため、髪より細い生糸で〝縒り糸〟を作ることがある。教室には約400色の糸があり、色を混ぜることも可能だ。日本刺しゅうは両手で一針ずつ刺し、その技法は40種以上。「縒りの加減と色合わせ、技法の組み合わせは無限」と笑う。


綿糸のブローチとデザイン画
綿糸のブローチとデザイン画

 教室は30~70代の女性が参加。細かい作業に四苦八苦しながらも、和気あいあいとした雰囲気だ。帯や半襟、ブローチやバッグのほか、絵画のように飾る作品を作る人も多い。「お子さんの成人式用の半襟を作る人も」と沖さん。「1度体験すると職人のすごさがわかる。絹は高価ですが、綿で気軽に始めることもできますよ」と呼びかける。



2022年7月23日公開 | 2022年7月16日神奈川新聞掲載


日本の刺繍のいろは

住所 川崎市多摩区栗谷3の1の6、セ・ウィステリア401
アクセス 小田急線生田駅徒歩4分
電話 044(874)9088
営業時間 火、水、金、土曜各午前10時~午後1時/午後1時半~4時半(土曜クラスは現在満席、詳細は[HP]https://oki-fumi.com/)
備考欄 月1回5千円。
体験教室あり(要予約)
手作りキットの通販あり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


夏のファッションアイテムに扇子倭物やカヤ 鎌倉小町店(鎌倉市)の新作「色合わせ扇子」 平安時代の女性装束の袿の重ねをイメージ

着物の襟合わせや、浮世絵、富士山-。日本の伝統や縁起物のモチーフを生かした扇子を生み出す、「倭物やカヤ」。約50種の扇...

倭物やカヤ 鎌倉小町店(鎌倉市)

スタジオジブリ作品のワンピース 魔女の宅急便、ラピュタ、アリエッティ・・・

スタジオジブリ作品のキャラクターグッズを取り扱う「どんぐり共和国」から生まれた、ヒロインたちに焦点をあてたブランド「...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ