かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 芳雅美術工芸(愛川町)の愛川和紙細工 艶やかな光沢感が上品なポーチやアクセサリー

推し 身につけて楽しむ「和」の世界
芳雅美術工芸(愛川町)の愛川和紙細工 艶やかな光沢感が上品なポーチやアクセサリー

  • 芳雅美術工芸(愛川町)

シェア・新聞購入ボタン


 美しい友禅模様に細かな絵柄、艶やかな光沢感が上品なポーチやアクセサリー。螺鈿(らでん)を施したり、町内で採取したタマムシの羽をあしらったりした作品は、ひときわ輝きを放つ。

 強い透明感と独特の風合いを持ち、耐久性も兼ね備える愛川和紙細工。金属や木材などに手すき和紙を貼り、ウレタン樹脂を薄く塗布して表面をなめらかにして細工する。




 バッグや財布などの小物から、貝合わせやびょうぶなど作品の種類はさまざま。「どれも耐久性が高く、水洗いができるのがいいでしょう?」と主宰の米田芳子さん。日常使いできることを重視し、機能性にも優れた製品を手がける。大切な振り袖や、思い出がある着物の帯などをバッグに作り替えることもある。

 「アップサイクルともいうのかな。素材の可能性は無限だから、皆さんが笑顔になれるものを作り続けていけたら」とほほ笑む米田さん。「でも基本は自分が欲しいものなのよ」という作品には、丁寧な手仕事と工夫がたくさん詰まっている。



2022年7月25日公開 | 2022年7月16日神奈川新聞掲載


芳雅美術工芸

住所 愛甲郡愛川町中津3600の7
アクセス 小田急線本厚木駅からバスで運輸支局入口下車3分
電話 046(286)2105
公式HP https://www.town.aikawa.kanagawa.jp/aikawa_kankoukyoukai/Eat_buy/buy/1513583771032.html
備考欄 046(286)2105

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

ここで買える
☆工芸工房村・愛川町地場産品展示販売所(県立あいかわ公園内)。小田急線本厚木駅からバスで愛川大橋下車15分。午前9時~午後5時。月曜休館。電話046(281)2438。

オススメ記事⇩


涼を感じる冷たいメニューちゃんこ鍋 神乃浦(川崎市川崎区)の胡麻の冷やしちゃんこ 粒胡麻感じる濃厚スープ

にぎやかな川崎駅前を抜けた先、稲毛神社近くにあるちゃんこ店。47年前に時津風部屋の力士だった神(かみ)乃浦さんが開業...

ちゃんこ鍋 神乃浦(川崎市川崎区)

エッセー画家・装丁家の矢萩多聞さんと娘のつたさんがエッセー 「美しいってなんだろう?」

横浜出身の画家・装丁家の矢萩多聞と娘のつたがエッセー「美しいってなんだろう?」を刊行した。矢萩が出合ってきた「美しい...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ