かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 布ぞうり工房 禅蔵(横須賀市)で布ぞうりやスリッパ 市内各所でオリジナルの一足を作る教室開催

推し 身につけて楽しむ「和」の世界
布ぞうり工房 禅蔵(横須賀市)で布ぞうりやスリッパ 市内各所でオリジナルの一足を作る教室開催

  • 布ぞうり工房 禅蔵(横須賀市)

シェア・新聞購入ボタン

着物やジーンズ、スカーフなどで作った布ぞうりとヨコスカスリッパ。幅は広めで、ふっくらとした鼻緒が履きやすい
着物やジーンズ、スカーフなどで作った布ぞうりとヨコスカスリッパ。幅は広めで、ふっくらとした鼻緒が履きやすい

 夏の素肌にうれしい、布ぞうりやスリッパ。カラフルな木綿を使ってオリジナルの一足を作る教室を、市ノ瀬絵里子さん(59)が市内各所で開いている。

 材料は使わなくなったTシャツや浴衣、ジーンズなどの木綿生地と、ロープのみ。教室では手ぶらで参加が可能で、専用の作業台を使って編んでいく。難しい作業がないため、初心者でも約2時間半で出来上がる。素材の肌触りや色はそのままに、まるで生まれ変わったよう。木綿で作ることで丈夫で軽く、2~3年は長持ちする。



 市ノ瀬さんが布ぞうりに出合ったのは23年前。教室やテキスト本の出版を通じて、群馬県中之条町(旧六合村)の伝統工芸「こんこんぞうり」を知った。現地に赴いて作り方を教わり、布ぞうりとほとんど同じ材料を使い、カラフルにアレンジした進化形が「ヨコスカスリッパ」になった。

 「どちらも日本の伝統工芸。次世代につなげていきたい」と情熱を注ぐ。



2022年7月26日公開 | 2022年7月16日神奈川新聞掲載

手作り教室

8月分より受け付け。布ぞうりは5千円、ヨコスカスリッパは7千円。材料費込み、テキスト付き。

市ノ瀬さんの自宅(京急線馬堀海岸駅下車)=希望に合わせて週2~3回程度。

クラフトハートトーカイ(同汐入駅徒歩3分、「コースカ ベイサイド ストアーズ3階)=毎月第2、4土曜日の午後1時半~3時半、第3水曜午前10時半~午後0時半。

きもの丸富(横須賀市上町2の1。同横須賀中央駅徒歩7分)=月1回の不定期開催。

申し込みは、電話046(841)3960、または [メール]eriko_i@ozzio.jp

※「きもの丸富」では、布ぞうりも販売中(2500円~)。火、木、土曜の午前10時~午後6時のみ営業。電話046(822)2217。

オススメ記事⇩


猫のひたいほどワイド(tvk)×イマカナ(神奈川新聞)PRESENTS港一望!みなとみらいのBBQ&アウトドアフィールド!! 曽田陵介くん体験リポート

神奈川の地元メディアがタッグを組んだコラボ企画。tvkの人気情報番組「猫のひたいほどワイド」(猫ひた)と神奈川新聞の情...

猫のひたいほどワイド/月~木曜正午(生放送)

履物 足元涼しげにBEBET(茅ケ崎市)の島ぞうり 手彫りで作る世界で一つしかないビーチサンダル

2020年7月20日公開 | 2020年7月18日神奈川新聞掲載 二層のソール部分の表面を手で彫り、さまざまな柄を生み出す沖縄発祥の...

BEBET(茅ケ崎市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ