かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. haishop cafe(横浜市中区)のベーコンポテトかき氷 氷が溶ければビシソワーズに変化

うまい 夏に食べたいかき氷
haishop cafe(横浜市中区)のベーコンポテトかき氷 氷が溶ければビシソワーズに変化

  • ハイショップカフェ(横浜市中区)

シェア・新聞購入ボタン

「ベーコンポテトかき氷」(770円)は、ワインやビールとも相性がいい。ビーガン(完全菜食主義者)対応のかき氷も4種類ある。週末は混雑するので、平日がお勧め
「ベーコンポテトかき氷」(770円)は、ワインやビールとも相性がいい。ビーガン(完全菜食主義者)対応のかき氷も4種類ある。週末は混雑するので、平日がお勧め

 驚くなかれ、ご飯のおかずや酒のつまみとして重宝されるベーコンポテトが、かき氷に〝変身〟した。

 ジャガイモ、クリームチーズをそれぞれベースにした2種類のソースを、ふわふわの氷の上にたっぷり盛り付けた。仕上げにオリーブオイルとブラックペッパーをかけるこだわりよう。細かく刻んだベーコンも入り、全てが口の中で合わさると、ひんやり冷たいベーコンポテト味に。



 さらに、氷の中にもジャガイモのソースが隠れていて、氷が溶け始めると、ジャガイモの冷製スープ「ビシソワーズ」のように変化する。まさに一つで二度おいしい。

 「面白さや楽しさを提供しようと、スタッフみんなで試作を重ねて完成させました」と話すのは、同店を運営するイノベーションデザイン(東京都千代田区)の和田奈央さん(39)。今夏は10種類の無添加かき氷を用意し、旬の農産物やフェアトレードの食材を使うなど、サステナビリティー(持続可能性)に配慮して作ったという。和田さんは「楽しく食べることが社会問題を知る契機になったらうれしいです」とほほ笑む。



2022年7月21日公開 | 2022年7月21日神奈川新聞掲載


haishop cafe(ハイショップカフェ)

住所 横浜市中区海岸通5の25の3、アパホテル&リゾート 横浜ベイタワー1階
アクセス みなとみらい線馬車道駅徒歩3分
電話 045(323)9874
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 月、火曜
公式HP https://www.haishopjapan.com/p/00004

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


ぶらり♪街めぐり天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

和服姿のスタッフが迎えてくれるのは、今年4月に開業したばかりのかき氷専門店。自慢は職人が作る南アルプスの天然氷だ。 ...

カモメ氷菓店(横浜市中区)

かき氷かき氷店 小桃(横浜市中区)のかき氷 食べ進めるのが楽しいかき氷

ケーキかパフェのような愛らしいルックスに目を奪われた。「自分が食べたいかき氷を作っています」と笑うのは店主の川井まさ...

かき氷店 小桃(横浜市中区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ