かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区)で一話丸々原画展示 「スネ夫のおしりがゆくえ不明」の原画が館内初登場

気になる ミュージアム・ナビ<特別編>
藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区)で一話丸々原画展示 「スネ夫のおしりがゆくえ不明」の原画が館内初登場

  • 藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区)

シェア・新聞購入ボタン

「ドラえもん」から2つの話の原画を展示する展示室I ©Fujiko-Pro
「ドラえもん」から2つの話の原画を展示する展示室I ©Fujiko-Pro

 藤子・F・不二雄ミュージアムは、「ドラえもん」などで知られるまんが家、藤子・F・不二雄先生の直筆の原画を展示している美術館です。館内の展示室には、200枚を超える本物の原画が展示されています。

 開催中の「藤子・F・不二雄ミュージアム 10周年記念原画展」第5期では、1950年代から90年代まで連載開始の年代別に、「パーマン」「21エモン」「キテレツ大百科」「エスパー魔美」など、さまざまな作品の原画が展示されています。

 もちろん、「ドラえもん」の原画も数多く展示しています。館内の「ドラえもん」原画の見どころをご紹介しましょう。

 1階の展示室Ⅰでは、「無人島へ家出」と「ドラえもんだらけ」の展示が始まりました。鮮やかな水色の背景が目印のこのコーナーでは、過去の企画展から、「ドラえもん」の原画をピックアップしています。初めてミュージアムを訪れた方や、以前の展示を見逃した方にもおすすめのコーナーです。お話を読んで楽しんでいただけるように、ストーリーの概要がわかるようページを選んでいます。


「スネ夫のおしりがゆくえ不明」から ©Fujiko-Pro
「スネ夫のおしりがゆくえ不明」から ©Fujiko-Pro

 そして、2階の展示室Ⅱでは70年代のコーナーに、「ドラえもん」から「スネ夫のおしりがゆくえ不明」の原画が館内初登場となりました。全8ページの作品で、すべての原画を展示しています。しっかり読むことができるんですよ。

 この話には、ひみつ道具「だるまおとしハンマー」が登場します。このハンマーでたたけば、木でも何でも、人間の体すらも、だるまおとしのように中間を弾き飛ばすことができるのです。でもご安心ください。弾き飛ばされたパーツをもとの位置にあてがえば、何でも元通り。実にまんがらしいとっぴなアイデアの作品となっています。

 藤子・F・不二雄先生の自宅の居間には、よく知恵の輪やだるまおとしが置いてあったそうです。だるまおとしで遊ぶ娘さんに、うまくたたくこつを伝授したこともあったとか。そんな日常の一場面が、このまんがのヒントになったのかもしれませんね。スネ夫のおしりがどうなったのかは…。ぜひ原画で結末まで読んでみてください。


「先生のにちようび」の展示コーナー ©Fujiko-Pro
「先生のにちようび」の展示コーナー ©Fujiko-Pro

 そして、藤子先生の日常風景は、2階の「先生のにちようび」の展示でご覧いただくことができます。家族とのふれあいの時間をとても大切にしていた先生が、朝食の時間や遊びの時間、クリスマスなどの季節イベントを楽しく演出していた様子を紹介しています。家庭を大事にする普通の父親であった藤子先生の優しさを、作品からも感じていただけるのではないでしょうか。

 原画の展示をごらんになって気になった作品があったら、2階のまんがコーナーの本をチェック。かつて読んだことのある作品はもちろんのこと、原画展示で発見した作品も、自由にお読みいただけます。3階のカフェで、夏にぴったりのさわやかな色合いの「ドラえもんブラン」を召し上がって休憩してもいいですね。最後に、もう一度原画展示室を見て回るのがおすすめです。まんがを読んでから見ると、見逃していたところに気が付くかもしれません。「ドラえもん」だけでもゆっくり、じっくり観察してみてください。(川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム学芸部・小林 順子)

日時指定の予約制
同ミュージアムの問い合わせは、☎(0570)055245(午前9時半~午後4時)


藤子・F・不二雄ミュージアム

公式HP http://fujiko-museum.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

2022年8月1日公開 | 2022年7月29日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ミュージアム・ナビ<特別編>藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区)で映画の原作「大長編ドラえもん のび太の宇宙小戦争」原画を展示

春休みから大型連休(ゴールデンウイーク)にかけての時期、映画館では毎年『ドラえもん』の映画が公開されています。 今年...

藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区)

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区)で「10周年記念原画展」

昨年9月に開館10周年を迎えた川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(同市多摩区)で1月29日から、「10周年記念原画...

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ