かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. touch is love®︎ JEANS store(茅ケ崎市)のジーンズ 着る人に一番あった丈で提供する「レングスオーダー」が特徴

気になる ジーンズ デニム
touch is love®︎ JEANS store(茅ケ崎市)のジーンズ 着る人に一番あった丈で提供する「レングスオーダー」が特徴

  • タッチイズラブ ジーンズ ストア(茅ケ崎市)

シェア・新聞購入ボタン

両サイドが新品。中央が、雫型のステッチが消え始めた完成形のジーンズ
両サイドが新品。中央が、雫型のステッチが消え始めた完成形のジーンズ

 1日中はいても疲れない抜群のはき心地とシーンを選ばず〝かっこよく見える〟を追求した2011年に誕生したオリジナルジーンズブランド。着る人に一番あった丈で提供する「レングスオーダー」が特徴。ファンには「茅ケ崎ジーンズ」とも呼ばれ、バックポケットの雫型のステッチが目印だ。



 代表の工藤琢(おさむ)さん(54)は、国内スポーツブランドでのスキーパンツの販売のほか、米国の老舗ジーンズブランド・リーバイスで商品企画などを担当し独立。国内大手アパレル会社でジーンズの製品企画などの外部講師を務めながら、何年も試作を重ねたどり着いたジーンズだ。



 「飛行機や車で長時間座っても疲れない。はけばすぐなじみ、ビーサンで海にも行けて老舗ホテルにも行ける」と工藤さん。ヒップが上がり膝下が長く見えるカット、ステッチの入れ方など、数え切れないほど細かい工夫を凝らす。試着をすると、スタイルが良くなったのではと錯覚するほどだ。「ジーンズは着こなしも大事」と試着時にはかっこいい着方も指南する。



 無垢(むく)のインディゴカラーが着るほどに色落ちし自分の色、形に変わる。弱めの糸を使う雫のステッチが消えかけ、地のインディゴが見えたら完成。相棒とも呼べる一生もののジーンズだ。



2022年8月4日公開 | 2022年8月4日神奈川新聞掲載


touch is love®︎ JEANS store(タッチイズラブ ジーンズ ストア)

住所 茅ケ崎市東海岸南1の6の25、ラコスタデルソル106
アクセス JR茅ケ崎駅南口徒歩15分
電話 080(4337)1173
営業時間 午前10時~午後7時
公式HP https://touchislovejeans.com/
備考欄 来店は予約制。来店は予約制。電話または、[HP]予約フォームから。試着のみの来店も可能。
※ジーンズは一律3万5200円。購入したジーンズの修理も受け付ける(詳細は[HP])

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


夏のファッションアイテムに扇子湘南デニムストリート(藤沢市)のデニム生地の扇子 和洋を選ばず、夏のファッションを引き立てる

江の島、弁天仲見世通りのデニム専門店。国産デニム発祥の地といわれる岡山県倉敷市に本店がある。 1階は海外からの直輸入...

湘南デニムストリート(藤沢市)

身につけて楽しむ「和」の世界布ぞうり工房 禅蔵(横須賀市)で布ぞうりやスリッパ 市内各所でオリジナルの一足を作る教室開催

夏の素肌にうれしい、布ぞうりやスリッパ。カラフルな木綿を使ってオリジナルの一足を作る教室を、市ノ瀬絵里子さん(59)...

布ぞうり工房 禅蔵(横須賀市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. K-Person 木村カエラさんに聞く 「恩返ししたかった場所」16年ぶりにMC出演

  2. スイカ 【宇田川農園(三浦)スイカ】見た目より中身重視!甘~い一玉を

    宇田川農園(三浦市)

  3. ぶらり♪街めぐり 天然氷でふわふわ食感◇カモメ氷菓店(横浜市中区)

    カモメ氷菓店(横浜市中区)

  4. 牛肉 茅ケ崎・斉藤牧場のブランド牛「ちがさき牛」 肉質やわらかく、程よい脂

    斉藤牧場 ちがさき牛直売所(茅ケ崎市)

  5. 夏に食べたいかき氷 ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

    ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ

人気タグ