かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. SARIO 聘珍茶寮 中華街店(横浜市中区)のフルーツボール 「中華街らしさ」全開、ドラゴンフルーツを定番化

推し 見た目に涼しい透明SWEETS
SARIO 聘珍茶寮 中華街店(横浜市中区)のフルーツボール 「中華街らしさ」全開、ドラゴンフルーツを定番化

  • SARIO 聘珍茶寮 中華街店(横浜市中区)

シェア・新聞購入ボタン

「黒タピオカ入りフルーツボール」㊨と「季節のフルーツボール」
「黒タピオカ入りフルーツボール」㊨と「季節のフルーツボール」

 宝石のようにキラキラと輝き、食べるのをためらうほどの美しさ-。夏季限定のオリジナルスイーツ「フルーツボール」が人気だ。食感はもっちりプルプルで、中に閉じ込めた新鮮なフルーツのみずみずしさが口の中いっぱいにはじける。

 材料にはゼラチンや寒天と比べて、高い透明感と独特な食感を引き出すアガーを使用。その日によって、5~6種類の色味のいい季節のフルーツを使うが、ドラゴンフルーツだけ定番化することで「中華街らしさ」を打ち出している。



 メニューは2種類。「黒タピオカ入りフルーツボール」(640円)は、タピオカの甘みと強い弾力が合わさり、食べ進めるのが楽しい一品。別添えのレモン糖水を好みでかけると、すっきり爽やかな味に変わり、フルーツの風味が引き立つ。一方、「季節のフルーツボール」(590円)は、喉越しのいい寒天を入れており、最後までさっぱりと食べられる。

 考案したのは同店の神田綾さん(46)で、夏祭りの水ヨーヨーから着想を得たという。「見て食べて楽しんでください」とほほ笑む。



2022年8月13日公開 | 2022年8月6日神奈川新聞掲載


SARIO 聘珍茶寮 中華街店

住所 横浜市中区山下町143、2・3階
アクセス みなとみらい線元町・中華街駅徒歩6分
電話 045(663)5127
営業時間 午前11時半~午後7時半L.O.(土日・祝日午前11時~午後8時半L.O.)
定休日 無休
公式HP https://www.heichin.com/etc/sario/index.html

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


スイーツ鎌倉プリンスホテルのSmile Aloha Afternoontea 南国気分あふれるスイーツが盛りだくさん

オーシャンビューが広がる「レストラン ル・トリアノン」では9月7日まで、ハワイを感じられる「Smile Aloha A...

鎌倉プリンスホテル(鎌倉市)

夏に食べたいかき氷ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ(三浦市)のミサキのシロクマ 旬のフルーツふんだんに盛り付け

かき氷に練乳をかけ、果物や小豆あんなどをトッピングした鹿児島名物「シロクマ」。鹿児島県出身の山田久代さん(64)と夫...

ベイサイドかき氷カフェ ミックス ミサキのシロクマ


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イタリアンレストラン 横浜・新山下の「TYCOON」跡地に「Re:Journal(リジャーナル)」オープン

  2. ぶらり♪街めぐり 焼き立てパン食べ放題&選べるスープ◇BRICKS STUDIO(横浜市中区)

    BRICKS STUDIO(横浜市中区)

  3. サンドイッチ sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

    サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

  4. コーヒー 秘密基地のようなスペシャリティーコーヒー店 みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市高津区)

    みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市)

  5. 季節の変わり目に朝活 海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)の朝茶漬け体験 胃も心も潤うような時が流れる

    海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)

人気タグ