かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 美濃屋あられ製造本舗(横浜市中区)のあられ 横浜をモチーフに4種類、ビールのお供にも手土産にも

推し ビールのお供に絶品おつまみ
美濃屋あられ製造本舗(横浜市中区)のあられ 横浜をモチーフに4種類、ビールのお供にも手土産にも

  • 美濃屋あられ製造本舗(横浜市中区)

シェア・新聞購入ボタン


 水兵をデザインした箱を開けると、4種類のあられがお目見え。横浜発祥とされる国産ビールとナポリタンにちなんだ味の他、横浜の老舗とコラボした味もセットにした「横浜のあられ詰め合わせ」(864円)。ビールのお供にも手土産にもうってつけだ。

 「横濱ビア柿」は辛みを利かせ、味も濃厚。ビールは肉系のつまみが合うことから、材料にミートエキスを加えて独自の味を追求した。


工場直売所に並ぶ商品を説明する小森社長
工場直売所に並ぶ商品を説明する小森社長

 「横濱塩ダレ」は塩こしょうと香味野菜のうまみを感じる一品。日本初のケチャップ「清水屋ケチャップ」の復刻版をたっぷり使う「横浜ナポリタン」は、ベーコンも練り込んでナポリタンの味を再現した。

 横浜の老舗「岩井の胡麻(ごま)油」とコラボした「横浜胡麻油おかき」は、香り高いごま油と濃口しょうゆの相性がよく、新製法によるソフトな食感を楽しめる。

 同社は1929年創業。「会話のタネになる商品作り」をモットーとする社長の小森健太郎さん(40)は、「この詰め合わせを通して、横浜を知り、横浜を訪れたいと思ってもらえたら」と願いを込める。



2022年8月14日公開 | 2022年8月11日神奈川新聞掲載


美濃屋あられ製造本舗 工場直売所

住所 横浜市中区小港町1の6
アクセス JR根岸駅または横浜駅からバスで小港橋下車1分
電話 045(621)4488
営業時間 午前9時~午後5時
定休日 日曜、祝日と第1以外の土曜は休み
公式HP https://www.minoya-arare.com/
備考欄 駐車場あり。同社[HP]に商品取り扱い店舗を掲載。通販でも購入可

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


3種の野菜を使った玄米あられ、ファンケル

ファンケル(横浜市中区)は17日、亀田製菓との共同開発製品「あられマルシェ」を一部直営店舗と通信販売、亀田製菓オンラ...

お土産ブランド「横濱001」新たに181商品認定

横浜のお土産ブランド、ヨコハマ・グッズ「横濱001(ゼロゼロワン)」の第19期の認定商品が決まり、3日、横浜市内で開...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イタリアンレストラン 横浜・新山下の「TYCOON」跡地に「Re:Journal(リジャーナル)」オープン

  2. ぶらり♪街めぐり 焼き立てパン食べ放題&選べるスープ◇BRICKS STUDIO(横浜市中区)

    BRICKS STUDIO(横浜市中区)

  3. サンドイッチ sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

    サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

  4. コーヒー 秘密基地のようなスペシャリティーコーヒー店 みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市高津区)

    みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市)

  5. 季節の変わり目に朝活 海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)の朝茶漬け体験 胃も心も潤うような時が流れる

    海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)

人気タグ