かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 喫茶かなで(横浜市港北区)の「かなでレモン レモンスカッシュ」 炭酸強め上品ですっきりとした飲み口

推し シュワッと爽快レモンスカッシュ
喫茶かなで(横浜市港北区)の「かなでレモン レモンスカッシュ」 炭酸強め上品ですっきりとした飲み口

  • 喫茶かなで(横浜市港北区)

シェア・新聞購入ボタン


 レコードから音楽が流れ、ゆったりとした心地いい空間が広がる。日吉駅西口の普通部通りにあり、地域の憩いの場として親しまれている喫茶店。2020年のオープン当時から人気を集めているのが「かなでレモン レモンスカッシュ」(550円)だ。

 味の決め手となる自家製シロップの材料は、レモンと砂糖、水だけと至ってシンプル。


レモンシロップ(980円)も販売
レモンシロップ(980円)も販売

 レモンは風味豊かな国産にこだわり、「喫茶店らしく昔ながらの味に仕上げました」とマネジャーの田中宏海さん(29)は話す。レモン本来の持ち味や果肉感を失わないよう、火加減に細心の注意を払って作るという。

 炭酸は強めで、甘みもあるが、レモンの皮のほのかな苦みや果肉の爽快な酸味が際立ち、上品ですっきりとした飲み口を生み出している。

 代表の池田紳一郎さん(38)は「ひよしれもんプロジェクト」と称した取り組みの発案者。地元の有志でレモンを栽培し、地域交流の促進を図っている。この秋、初めて収穫するといい、「今後は地元で育ったレモンのスカッシュを提供していきたい」と展望する。



2022年8月28日公開 | 2022年8月18日神奈川新聞掲載


喫茶かなで

住所 横浜市港北区日吉本町1の24の20、フナイビル1階
アクセス 日吉駅徒歩2分
電話 045(534)5997
営業時間 午前11時半~午後7時(日曜は同6時)
定休日 火、水曜休み(祝日の場合は営業)
公式HP https://www.kissakanade.com/
備考欄 レモンスカッシュはテイクアウト可(400円)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


スイーツレモネードをイメージした期間限定スイーツ プレシアと専門店のコラボ商品

プレシア(厚木市)は、レモネード専門店「LEMONADE by Lemonica」とのコラボレーション商品を全国のスー...

中華まん瀬戸内産レモンと鶏肉を合わせた中華まん 江戸清から

江戸清(横浜市中区)は、季節の中華まんとして「蒸し鶏のレモン包(パオ)」を店舗とオンラインショップで数量限定発売した...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イタリアンレストラン 横浜・新山下の「TYCOON」跡地に「Re:Journal(リジャーナル)」オープン

  2. ぶらり♪街めぐり 焼き立てパン食べ放題&選べるスープ◇BRICKS STUDIO(横浜市中区)

    BRICKS STUDIO(横浜市中区)

  3. サンドイッチ sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

    サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

  4. コーヒー 秘密基地のようなスペシャリティーコーヒー店 みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市高津区)

    みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市)

  5. 季節の変わり目に朝活 海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)の朝茶漬け体験 胃も心も潤うような時が流れる

    海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)

人気タグ