かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 「1933ウクレレオールスターズ」がスペシャルライブ

気になる ライブ
「1933ウクレレオールスターズ」がスペシャルライブ


 サザンオールスターズのベーシスト、関口和之(66)が率いる音楽ユニット「1933ウクレレオールスターズ」のスペシャルライブ「盆ボヤージュ!YOKOHAMA」が16日、新都市ホールで(横浜市西区)で開かれた。

 「オールスターズ」は、ザ・ドリフターズの高木ブー(89)や歌手の荻野目洋子(53)、ギタリストの野村義男(57)らと結成。ユニットの曲も収めた関口の約10年ぶりのアルバム「FRE(フリー)E-UKES(ユークス)」からの新曲も含め、全15曲が披露された。

 ライブはアロハスタイルのメンバーらがステージに現れ、バンドの登場テーマ曲として関口が書き下ろした「宝船来航」でスタート。心地いいウクレレの音色が鳴り響き、会場は一瞬でハワイにいるような雰囲気に包まれた。

 3曲目には新曲「恋する第三京浜」を披露。軽快なウクレレサウンドの上に、ユニットメンバーの伸びやかな口笛の音色が響き渡った。「今日も都内から車で第三京浜を走って会場まで来た。海の方に行くから毎回わくわくする」と関口。昨秋加入した荻野目は「1年たちますけど、まだ信じられない」と目を輝かせ、ウクレレ歴74年という高木は、関口に好きなハワイアン音楽を問われ「最近は日本のハワイアンを探している」と笑顔で答えた。

 約2時間のライブでは、荻野目の鮮やかな歌声と関口のコーラスがなじむアルバム収録曲「空の下、星の上」、高木ブーと娘との親子愛を関口が描いた「パパの手」、サザンの楽曲をアレンジした「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」などを演奏。ドリフターズを象徴する1曲「いい湯だな」、荻野目の大ヒット曲「ダンシング・ヒーロー」などもウクレレでカバーし、会場は大きな拍手に包まれた。

2022年8月31日公開 | 2022年8月31日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ダンスダンス集団「新人Hソケリッサ!」がパフォーマンス披露 29日、横浜市役所アトリウム

路上生活を経験した人たちで構成するダンス集団「新人Hソケリッサ!」が29日、横浜市役所アトリウム(同市中区)でパフォ...

コンテスト「これで乗り切りました #私の韓国ロス解消法」Instagramフォトコンテスト

駐横浜大韓民国総領事館(横浜市中区)は、写真共有アプリ「インスタグラム」を使ったフォトコンテストを実施中。 韓国へ自...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ