かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. とれたて
  3. 教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツの見分け方<シイタケ編>

とれたて シイタケ
教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツの見分け方<シイタケ編>


 「キノコ類の旬は秋」というイメージが強いので、シイタケも秋が旬と思われがちですが、旬は春と秋の2回あります。秋に収穫されたものは「秋子」、春は「春子」と呼ばれます。「秋子」は香りが良く、「春子」は寒い冬を耐えているので柄が短く、全体的に肉厚です。
 シイタケという名前は、もともとシイの木の枯れ枝に多く出来たため、といわれています。ちなみにマイタケ(舞茸)は、見つけた人がうれしくて舞い上がってしまうことから名づけられたと言われます。一般的に、春から夏にかけて雨が多く気温が高い場合に、天然のキノコが多く生えると言われています。今年の出来具合はどうでしょうか。

 シイタケのうまみをアップする方法として、太陽の光に当てることが知られています。そうすることでうまみだけでなく、栄養もアップします。シイタケに含まれるエルゴステロールという成分に紫外線が当たり、ビタミンDに変わるからです。ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きもあります。

 シイタケに太陽の光を当てる部分はどちらでしょう?
A 傘の部分(外側)
B 白い部分(内側)

 正解はBの白い部分です。細かいヒダの部分にエルゴステロールが多く含まれているので、調理する前に30~40分ほど太陽光に当てます。

 〈冷凍してもうまみアップ〉
 冷凍することで細胞内の水分が凍り、体積が膨張して細胞が壊れます。そうすると、細胞中のうまみ成分・グアニル酸が出て来ます。どのキノコでもうまみは増えますが、エノキやエリンギ、シメジは独特の歯ごたえが無くなり、マイタケは苦みが増えるのでご注意ください。

 〈うまみ成分グアニル酸〉
 これから鍋料理をする機会が増えますが、水の段階からキノコ類を鍋に入れるようにしましょう。グアニル酸を最大限に引き出すには、水から入れて、ゆっくり加熱してください。お湯の温度が60~70度(小さな泡ができている時くらい)の時にうまみが多く出ます。みそ汁に入れる時も同様にすると良いですね。

 〈洗うと風味や香りが落ちやすくなる〉
 シイタケは水分に弱く、洗うと特有の味や香りが損なわれます。傘や軸のちょっとした汚れが気になる場合は、キッチンペーパーや布巾で表面をなるべく傷つけないように優しく拭き取ります。傘をさすように軸の根元を持ち、傘の上から軽くはたくと、傘の中の汚れを落とせます。

 〈シイタケの軸〉
 料理に使う時は傘の部分を使い、切り落とした軸の部分はそのまま廃棄することが多いですが、そこにはうまみがたっぷり含まれています。「石突き」と呼ばれる軸の根元の黒い部分を切り落とし、手でほぐしたり細切りにするときんぴらやみそ汁の具などにピッタリです。特に原木シイタケは軸の香りが強いので、ぜひ召し上がってみて下さい。

 〈保存時はパックから出して〉
 購入したらパックから取り出し、新聞紙やキッチンペーパーに包んで湿気を防ぎ、ビニール袋に入れて保存します。収穫後も呼吸をしているため、そのままだとパックに水滴が付いて傷みやすくなります。傘を下に、軸を上の状態で保存すると、傘の裏のヒダについている胞子が落ちにくく日持ちします。

2022年9月9日公開 | 2022年9月8日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


トウモロコシ教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツの見分け方<トウモロコシ編>

昨年8月26日に始まった「教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツ」があすで1年になります。数字の1をイメージして、...

ゴーヤー教えて!野菜博士 おいしい野菜&フルーツの見分け方<ゴーヤー編>

夏野菜としても定番の「ゴーヤー」。「ゴーヤー」は沖縄の方言で、正式名称は「ツルレイシ」であり、苦瓜(にがうり)とも呼...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イタリアンレストラン 横浜・新山下の「TYCOON」跡地に「Re:Journal(リジャーナル)」オープン

  2. ぶらり♪街めぐり 焼き立てパン食べ放題&選べるスープ◇BRICKS STUDIO(横浜市中区)

    BRICKS STUDIO(横浜市中区)

  3. サンドイッチ sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

    サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

  4. コーヒー 秘密基地のようなスペシャリティーコーヒー店 みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市高津区)

    みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市)

  5. 季節の変わり目に朝活 海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)の朝茶漬け体験 胃も心も潤うような時が流れる

    海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)

人気タグ