かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. 和菓子処 味楽庵(湯河原町)の和菓子作り体験キット

うまい イマ的生活
和菓子処 味楽庵(湯河原町)の和菓子作り体験キット


 1953年創業。自社で職人が作る手作りあんにこだわり、地元の名産品であるミカンを模した「みかん最中」が神奈川県指定銘菓にもなっている老舗和菓子店だ。2000年から店内の一角を使って始まった練り切りの手作り体験が、今年7月に自宅でも楽しめる「和菓子作り体験キット」となって発売された。

 店で職人が直接指導する和菓子作り体験は、観光客を中心に今まで年間約5千人、延べ8万人が参加した人気イベントだったが、新型コロナウイルス禍で参加者は半減。そこで、自宅でも体験でき、湯河原との縁をつなごうと、キット化に踏み切った。


9、10月の和菓子「菊」
9、10月の和菓子「菊」

 キットの中には練り切り2つ分の材料とクロモジ(ようじ)、作り方の動画へのアクセスQRコードが同封される。小学生以上を想定し、家庭にある道具とクロモジを使えばつくることができる。9~10月は「紅葉」と「菊」を予定。基本的に1~2カ月で内容が変わり季節の移ろいと共に楽しめる。

 「パッケージやセット内容など正解がなく、ゼロからのスタートだった」と話すのは、4代目の小菅修さん。最も頭を悩ませたのが、誰が見ても作れるように作り方の指導をどうするかということ。「和菓子が自分で作れることや、繊細な職人技にふれる機会など、店での体験の醍醐味(だいごみ)をそのまま伝えたかった」と小菅さん。検討を重ねた結果、クラウドファンディングでの寄付を募り、多くの人の共感を得て、指導動画の製作資金を調達した。

 販売は始まったばかりでまだまだこれからだという。地元の学校での利用のほか、地域の旅館でキット付きプランの展開なども予定する。


店での手作り体験の様子
店での手作り体験の様子

★販売はインターネット通販のみ。店の[HP]から。1セット1430円(送料別)。※店舗での扱いなし。

☆湯河原町宮上230。午前9時~午後4時半。火曜休み。電話0465(62)5577。

2022年9月18日公開 | 2022年9月15日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


愛でる味わう重陽の節句どらやき屋・菜の花(小田原市)の「月のうさぎ」 大粒の栗がまるごと1個入った人気商品

1905(明治38)年創業の老舗和菓子店。小田原の地下115メートルから組み上げる水と、北海道の契約農家から仕入れる...

どらやき屋・菜の花(小田原市)

愛でる味わう重陽の節句創作和菓子きょら「着せ綿~重陽の節句」で和菓子体験 四季折々の風景や行事を練り切りで表現

季節の和菓子作りを体験できる藤岡まき子さん(46)が主宰する教室。「きょら」は実家のある奄美大島の言葉で「美しい」と...

創作和菓子きょら


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イタリアンレストラン 横浜・新山下の「TYCOON」跡地に「Re:Journal(リジャーナル)」オープン

  2. ぶらり♪街めぐり 焼き立てパン食べ放題&選べるスープ◇BRICKS STUDIO(横浜市中区)

    BRICKS STUDIO(横浜市中区)

  3. サンドイッチ sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

    サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

  4. コーヒー 秘密基地のようなスペシャリティーコーヒー店 みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市高津区)

    みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市)

  5. 季節の変わり目に朝活 海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)の朝茶漬け体験 胃も心も潤うような時が流れる

    海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)

人気タグ