かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

うまい サンドイッチ
sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

  • サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

シェア・新聞購入ボタン

お家で食べても良し、これを持ってお出かけでも良し、な人気商品(上から)「たっぷりたまご」と「7色野菜」
お家で食べても良し、これを持ってお出かけでも良し、な人気商品(上から)「たっぷりたまご」と「7色野菜」

 白壁に青いドアとヒツジマークが目印のサンドイッチ専門店は昨年10月オープン。手作りにこだわる店内のショーケースに具だくさんの総菜系や旬のフルーツ、クリームをたっぷり挟んだデザート系のものなど、色鮮やかなサンドイッチの断面がずらりと並ぶ。市内産卵を使用した「たっぷりたまご」(200円)や、シャキシャキとした食感に野菜の新鮮さを感じる「7色野菜」(350円)などが人気の定番商品だ。

 サンドイッチとの相性を考えてブレンドした店オリジナルのコーヒーは、町田市のオンソコーヒーが焙煎(ばいせん)したもの。味と香りのバランスが良く、香ばしさを感じながらもすっきりした後味で飽きのこない1杯だ。


新発売の「いちじく」
新発売の「いちじく」

「お客さまの生活のさまざまなシーンでme・meをご利用いただけたらうれしいですね」とオーナーの小山さん。商品は〝毎日でも食べたい味〟を目指す。

 サンドイッチは月ごとに新しいメニューが登場し、今月は「ビーフパストラミ」(430円)や「いちじく」(420円)などが新発売。日常でもお出かけでも、何度も通いたくなるようなラインアップが楽しめる。




2022年9月16日公開 | 2022年9月15日神奈川新聞掲載


サンドイッチ アンド コーヒー ミー・ミー

住所 相模原市南区相模大野5の13の1
アクセス 小田急線相模大野駅徒歩14分
電話 042(854)1816
営業時間 午前10時~午後4時
定休日 日・月曜日定休
公式HP https://www.instagram.com/meme.sandwichcafe/?utm_source=qr

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


マルシェパンとコーヒーと本のマルシェ 24日、LOCAL BOOK STORE kita.

24日午前11時~午後3時(売り切れ次第終了)、LOCAL BOOK STORE Kita.(mass×mass関内フュ...

目にも美しいアフタヌーンティーLucy's Cafe(相模原市中央区)のアフタヌーンティー 味覚と心を満たすだけでなく、健康も気遣うラインアップ

やわらかい光を放つシャンデリア、飾られたアンティークの存在感。優美な英国のビクトリア朝からエドワード朝時代のカフェを...

Lucy's Cafe(相模原市中央区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イタリアンレストラン 横浜・新山下の「TYCOON」跡地に「Re:Journal(リジャーナル)」オープン

  2. ぶらり♪街めぐり 焼き立てパン食べ放題&選べるスープ◇BRICKS STUDIO(横浜市中区)

    BRICKS STUDIO(横浜市中区)

  3. サンドイッチ sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

    サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

  4. コーヒー 秘密基地のようなスペシャリティーコーヒー店 みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市高津区)

    みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市)

  5. 季節の変わり目に朝活 海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)の朝茶漬け体験 胃も心も潤うような時が流れる

    海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)

人気タグ