かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 再整備進む県立図書館 新・本館開館でトークイベント

気になる 県立図書館
再整備進む県立図書館 新・本館開館でトークイベント

幅は「本は責任の所在が明確で信頼でき、接し方を自分でコントロールできる貴重なメディア」と参加者に語りかけた
幅は「本は責任の所在が明確で信頼でき、接し方を自分でコントロールできる貴重なメディア」と参加者に語りかけた

 再整備が進む県立図書館(横浜市西区)の新しい本館が1日に開館した。同日「本と人を結ぶ場所をつくる 神奈川県立図書館本館リニューアルにおける試み」と題したトークイベントが行われ、県教育委員会顧問としてリニューアルに携わってきたブックディレクターの幅允孝(はばよしたか)らが登壇。目指す図書館像と、それを実現するための工夫、関係者の思いが明かされた。

 公共図書館や病院、学校、ホテル、企業などさまざまな場所でライブラリーの制作を手がけてきた幅は「世界的に、公共図書館は教育とコミュニティーの場所になってきている」と分析。市区町村の図書館が親しみやすさを志向する中「県立図書館では蓄積された膨大な資料を管理・活用することで人々の生活を刺激し、研究を促進させる提案を行うことが必要」と語り、「図書館の王道2・0」という指針を掲げた。


ネコをテーマにした「司書箱」は日本史の棚に設置。内田百閒の随筆なども置かれ、他ジャンルにも興味が広がる選書になっている=県立図書館本館(横浜市西区)
ネコをテーマにした「司書箱」は日本史の棚に設置。内田百閒の随筆なども置かれ、他ジャンルにも興味が広がる選書になっている=県立図書館本館(横浜市西区)

 実現したかったのは「読書に意識的に向き合う、普段とは違う時間の流れ」の創出。「現代は多様なメディアとサービスによる時間の奪い合いが過熱している。この図書館では、トレーニングジムで体を鍛えるように他の情報を遮断し、集中して本を読む時間をつくってもらいたい」とその意図を語る。

 具体的には、「空間を整える」「家具を選び、居心地を整える」「本の差し出し方を工夫する」という3点を意識した。空間づくりのこだわりは、採光からいす・テーブルの設計、カーペットの毛足の長さ、全体の色調にまで及ぶ。

 建物の構造については奥野設計の石井秀明が解説した。旧本館を設計した前川國男の意匠を引き継ぎ、穴開きブロックの内側に釉薬(ゆうやく)を塗った独特の「ホローブリック」を用いて柔らかい光を取り入れ、開放感のあるエントランスと吹き抜けで快適な空間を実現。同時に、大規模な公開書庫を取り入れることで約50万冊の蔵書の収容も可能にした。


パソコンやメモ使用禁止の「静寂読書室」では読書だけに没頭できる
パソコンやメモ使用禁止の「静寂読書室」では読書だけに没頭できる

 「本の差し出し方」については同図書館の森あかね地域情報課長が各階の企画棚を紹介。1階には「共に生きる」というテーマのもと「働く」「多様な性」「貧困」など現代的な課題に沿う本を並べるほか、司書の個性が見える特集棚「司書箱」を17カ所設置した。また3階の「遅効の本棚」では長期的思考のための本を提案。現在は幅が選書した「本を読む」行為について考える本を並べている。

 新しい図書館のコンセプト「価値を創造する図書館」について、森が「知的なわくわく感を感じてもらえる場所にしたい」と語ると、幅も「検索型の時代だが、図書館や書店などリアルな場では知らない本との偶然の出合いがある」とうなずく。「読書は、書き手が必死に生み出した言霊を、孤独な読み手が迎えに行く精神の受け渡し。心に刺さり、日々の生活に作用するような読書体験を味わってもらいたい」と呼びかけた。

2022年9月20日公開 | 2022年9月19日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


自閉症自閉症の男性が自らの経験もとに絵本制作 朗読劇で支援者の必要性を訴える

横浜市内で暮らす自閉症の20代男性が、生きづらさを抱えてきたこれまでの経験をもとに絵本を制作し、朗読劇として発表する...

まちを耕す本屋さん<7>書店「BOOK STAND 若葉台」 団地に書店を取り戻したい

約1万3千人が暮らす若葉台団地(横浜市旭区)に27日、書店「BOOK STAND 若葉台」が開店する。店主は移動式本屋...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イタリアンレストラン 横浜・新山下の「TYCOON」跡地に「Re:Journal(リジャーナル)」オープン

  2. ぶらり♪街めぐり 焼き立てパン食べ放題&選べるスープ◇BRICKS STUDIO(横浜市中区)

    BRICKS STUDIO(横浜市中区)

  3. サンドイッチ sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

    サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

  4. コーヒー 秘密基地のようなスペシャリティーコーヒー店 みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市高津区)

    みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市)

  5. 季節の変わり目に朝活 海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)の朝茶漬け体験 胃も心も潤うような時が流れる

    海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)

人気タグ