かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 坂入健司郎さんに聞く 大注目の新進指揮者、神奈川フィルと初共演

推し K-Person
坂入健司郎さんに聞く 大注目の新進指揮者、神奈川フィルと初共演


 音楽大学出身ではなく、一般の大学卒業後に会社員として働きながら、オーケストラの指揮を務めていた異色の経歴の持ち主。今や、全国のオーケストラの舞台に引っ張りだこの大注目株だ。

 指揮に専念するようになったのは昨年からだが、学生時代にオーケストラを立ち上げて指揮をしたり、有名指揮者の教えを乞うたり、と経験は豊富だ。

 「どちらかといえば人見知りで、決して誰とでも気軽に話すタイプではない」というが、指揮のためなら積極的になる。中学時代に夏休みの自由研究でインタビューを申し込んだことから世界的指揮者・小林研一郎さんに誘われ、高校から指揮法セミナーに通うようになった。

 ロシアの指揮者フェドセーエフさんには、来日公演で手紙を渡そうとしたことをきっかけに「これからは自分のリハーサルは、いつでもどこでも見ていいよ」と言われた。東京やロシア、オーストリアでも見学したという。

 「素晴らしい指揮者の方々は何を考えているのか知りたい、願わくば教わりたい、という気持ちだった」と振り返る。



 神奈川フィルハーモニー管弦楽団がかながわアートホール(横浜市保土ケ谷区)で行うリハーサルの見学にもよく通い、2007年から音楽監督を務めたシュナイトさんの公演は全て足を運んだ。

 「シュナイトの指揮で、ブラームスの交響曲と、ヒンデミットの『画家マティス』を聴いた時、初めて後光が差してくるような、音が上から降ってくるような経験をした。終わっても席を立てないほどの衝撃で、生涯忘れられません」

 来年1月の「フレッシュ・コンサート」=写真はチラシ=では同楽団と初共演を果たし、「34年間暮らす神奈川県民としても感慨深く、思い入れもひとしお」と喜ぶ。演奏するのは、会場となる県立音楽堂(同市西区)でかねてより聴きたいと思っていたモーツァルトの生涯最後の交響曲「ジュピター」だ。

 「最後の方は、まるでモーツァルトが天国へ駆け抜けていくよう。引き留めることもできない。亡くなったから交響曲を書けなかったのではなく、これが集大成でこれ以上は書けなかったのでは、とも思う。ぜひ生で体感してほしい」



さかいり・けんしろう
指揮者。1988年、川崎市多摩区生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。指揮法を井上道義、小林研一郎、三河正典、山本七雄各氏に、チェロを望月直哉氏に師事。V.フェドセーエフ、井上喜惟各氏に指揮のアドバイスを受ける。2008年「東京ユヴェントス・フィルハーモニー」を結成。15年「かわさき産業親善大使」、16年「川崎室内管弦楽団」音楽監督に就任。
※23年1月9日、県立音楽堂(横浜市西区)での神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別演奏会「フレッシュ・コンサート」に出演。一般3千円ほか。問い合わせは神奈川フィル・チケットサービス電話045(226)5107。

記者の一言
 「幼稚園の年長の時、誕生日プレゼントにドボルザークの『新世界』のCDをもらったが、複数枚がかぶってしまって。がっかりしたが、聴き比べるとオーケストラや指揮者で違う。その違いが面白くて、指揮者になりたいと思った」というから随分早熟だ。初めての指揮は13歳で、中学校の音楽部のオーケストラ。「自分の頭の中にはこんなに素晴らしい音楽がある。それを表に出すんだ」との思いだったが、「自分勝手な考え」だったという。今は「自分の理想はもちろんずっと追い続けるが、それを120、150%にしてくれる素晴らしい演奏者がいて、自分の予想を軽く超えてくるものが生まれる。その高い次元での素晴らしいコミュニケーションが楽しい。大事なのはオケを信頼すること」と楽しそうだ。

2022年10月11日公開 | 2022年10月09日神奈川新聞掲載

お薦め記事⇩


K-Person井之脇海さんに聞く 役者としての面白み 現場のセッションに

映画「犬も食わねどチャーリーは笑う」で、結婚を間近に控えたホームセンターの店員・若槻を演じる。若槻は、夫の悪口を妻た...

K-Person本條秀慈郎さんに聞く 追求し続ける三味線の可能性

高校時代に出合った三味線の魅力に取り付かれ、新しい表現を一心に追求し続けてきた。坂本龍一や藤倉大ら、日本を代表する作...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ