かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 江ノ島駅(江ノ島電鉄)のジオラマ 1960年代半ばごろの極楽寺駅、鎌倉高校前駅などを再現

推し 知る人ぞ知る♪駅の穴場
江ノ島駅(江ノ島電鉄)のジオラマ 1960年代半ばごろの極楽寺駅、鎌倉高校前駅などを再現

  • 江ノ島駅(江ノ島電鉄)

シェア・新聞購入ボタン


 今年で開業120周年を迎えた江ノ電。江の島の入り口でもある同駅には、知る人ぞ知るスポットが満載だ。

 上りホームには、1960年代半ばごろの極楽寺駅、鎌倉高校前駅などを再現した1/150サイズの鉄道模型(Nゲージ)のジオラマ。同社運転士を夢見た闘病中の少年の夢の実現を同社が助けた縁で、2008年に少年の父親の友人が寄贈した。その横には、地元の有志が花を生け、季節を物語る。



 待合室では1957年から活躍し、惜しまれながら2007年に廃車となった303号車の先頭部分が迎える。細部まで再現された1/24サイズの3つの車両のほか、開業当時の車内の迎賓室の扉も展示され、椅子でくつろぎながら歴史に思いをはせることができる。



 改札外には、菓子や文房具、おもちゃなどのグッズが並ぶ「江ノ電グッズショップ」があり、中でも「江ノ電オルゴール」はコレクターもいる人気ぶりだ。同社の有吉洋一さん(60)は「木の床で最古の車両300形もまだ走っています。ホームで出会えたら」と話す。


土木学舎選奨土木遺産
土木学舎選奨土木遺産

 駅裏の龍口寺前交差点の「土木学舎選奨土木遺産」(同社所有地)からは、全国の電車の中でも一番のカーブと言われるカーブを曲がる車両が眺められるほか、間近に通る車両が眺められ、唯一残る電鈴の調べを聞くことができる。


電鈴
電鈴

きついカーブを曲がる江ノ電
きついカーブを曲がる江ノ電


2022年10月15日公開 | 2022年10月08日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ロープウエー開通記念切手セット、26日から 900セット限定販売

日本郵便南関東支社(川崎市川崎区)は26日から、「『YOKOHAMA AIR CABIN』開通記念フレーム切手セット」...

ワクワク乗り物5選ロープウエー「ヨコハマエアキャビン」、4月22日運行開始 MM21のパノラマ眺望独り占め

2021年4月16日公開 | 2021年4月17日神奈川新聞掲載 360度のパノラマ景観。待望のロープウエーが22日、ついに運行開始...

ヨコハマエアキャビン(横浜市中区)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ