かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. 秋季特別展「山口蓬春と皇室―現代へ続く蓬春レガシーの系譜―」

気になる ミュージアム・ナビ
秋季特別展「山口蓬春と皇室―現代へ続く蓬春レガシーの系譜―」

  • 山口蓬春記念館(葉山町)

シェア・新聞購入ボタン

山口蓬春「聖徳記念絵画館壁画下図 岩倉大使欧米派遣」(1934年、明治神宮蔵)
山口蓬春「聖徳記念絵画館壁画下図 岩倉大使欧米派遣」(1934年、明治神宮蔵)

 新しい日本画の可能性を模索し続けた山口蓬春(1893~1971年)の、皇室との関わりに焦点を当てた特別展。

 見どころは、横浜港から出航する、岩倉具視、木戸孝允、大久保利通の姿のほか、明治期の港の様子を描いた「聖徳記念絵画館壁画 岩倉大使欧米派遣」の制作秘話。下図を中心に、さまざまな資料から作品の秘密を解き明かす。そのほか、原画や下絵、香淳皇后の日本画制作の参考として献上した菊を描いた素描など、関連資料を含め65点を、前・後期に分けて展示する。

 蓬春は戦前から、皇太子ご成婚や昭和天皇即位を祝い、日本画の師である松岡映丘(えいきゅう)らとともに制作した絵巻を献上。戦後、葉山に転居してからも、元侍従長の入江相政(すけまさ)と懇意にしていたこともあり、葉山御用邸で香淳皇后と絵の話をすることもあったという。蓬春と皇室との関わりに加え、そこで育まれた次世代の画家たちの活躍を「蓬春レガシー」の一つとして捉え、現代に受け継がれた系譜とその意義を探る。

 ※11月27日まで。一般600円ほか。問い合わせは同館、電話046(875)6094。

2022年10月17日公開 | 2022年10月14日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ミュージアム・ナビオールドノリタケ×若林コレクション アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン

「オールドノリタケ」と呼ばれるアンティークの陶磁器をテーマに、国内屈指のコレクターが所蔵する花器や食器、デザイン画な...

そごう美術館(横浜市西区)

ミュージアム・ナビアブラハム・デイビッド・クリスチャン

ドイツを代表する彫刻家の1人、アブラハム・デイビッド・クリスチャン(1952年生まれ)。72年、5年ごとに開催される...

カスヤの森現代美術館(横須賀市)


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ