かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. うまい
  3. たまごcaféごはん(横浜市瀬谷区)のたまごかけご飯定食 専門店が厳選した素材はひと味違う

うまい 定食
たまごcaféごはん(横浜市瀬谷区)のたまごかけご飯定食 専門店が厳選した素材はひと味違う

  • たまごcaféごはん(横浜市瀬谷区)

シェア・新聞購入ボタン

「たまごかけご飯定食」(550円)は日替わり小鉢、みそ汁、おしんこ付き
「たまごかけご飯定食」(550円)は日替わり小鉢、みそ汁、おしんこ付き


 語呂合わせのような店名がユニークな、卵かけご飯の専門店。

 看板の「たまごかけご飯定食」など食事メニューに使用するのは、自然飼料で育った栃木県鹿沼産の「雅(みやび)山麓卵」。さらっとしていてクセが少なく、「卵の後味が苦手な人にお薦め」とオーナーの桜庭あかねさん(50)。

 ご飯は新潟県魚沼産コシヒカリ。黄ニラしょうゆなど4種のしょうゆも用意する。「自宅でも食べられる卵かけご飯ですが、専門店が厳選した素材を味わってほしい」。


オーナーの桜庭さん(中央)
オーナーの桜庭さん(中央)

 ほかにも魚沼地方の郷土料理「きりざい」をアレンジした「きり玉」(880円)や「昔なつかしオムライス」(1100円)、「おやこ丼」(980円)など親しみある卵料理が充実。冬季限定で、温泉卵の入った「たまごグラタン」(同)も登場した。

 自家製スイーツには県産の白卵をたっぷり使用。瀬谷第二小学校と「フレンチトースト」(500円)を共同開発するなど地元や商店街との関わりも深い。「子どもたちが大人になっても変わらぬ味で迎えたいですね」と桜庭さんは笑顔を見せた。



2022年10月27日公開 | 2022年10月27日神奈川新聞掲載


たまごcaféごはん

住所 横浜市瀬谷区瀬谷4の9の1
アクセス 相鉄線瀬谷駅南口徒歩1分
電話 045(301)5505
営業時間 午前11時~午後4時 (同3時半L.O.)
定休日 日曜・祝日
公式HP https://www.tamago-cafe.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

オススメ記事⇩


ぶらり♪街めぐり日替わりの「あいおい定食」◇あいおい食堂(横浜市中区)

ただいま、と言いたくなる街の食堂が5周年を迎えた。家族の健康を大切にする〝お母さんのごはん〟をコンセプトに、塩分とカ...

あいおい食堂(横浜市中区)

サブスクのススメ豚肉創作料理やまと 横浜ランドマーク店で「やまと豚」使ったランチ 

直営牧場で厳しい品質管理のもと飼育した「やまと豚」を、さまざまな調理法で提供するレストラン。やまと豚は柔らかく甘みが...

豚肉創作料理やまと 横浜ランドマーク店


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ