かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 気になる
  3. あつぎ飯山 野良の芸術美術館(厚木市) 豊かな自然の中で創造する力を育む美術館

気になる イマ的生活
あつぎ飯山 野良の芸術美術館(厚木市) 豊かな自然の中で創造する力を育む美術館

  • あつぎ飯山 野良の芸術美術館(厚木市)

シェア・新聞購入ボタン


 美しくのどかな里山の風景が広がる厚木市の飯山地区。カワセミやカワガラスなどの野鳥も多く見られる清流・小鮎川のほとりに今年の春オープンした美術館は、趣ある古民家に絵画や和凧(だこ)、立体作品などが所狭しと飾られている。その多くは地域で暮らす人々や自然を題材にしたもの。畑仕事にいそしむ農家の真剣なまなざしや豊かな実りの風景が、力強いタッチとあたたかみのある色彩で描かれている。


「紅葉も美しく、冬にはツバキの花が咲きます。お越しいただいた人の心がさらに豊かになる場所でありたいですね」と館長・小島富司さん
「紅葉も美しく、冬にはツバキの花が咲きます。お越しいただいた人の心がさらに豊かになる場所でありたいですね」と館長・小島富司さん

 「働く人の汗を表現したくてね」と話すのは、その作者で館長の小島富司さん(75)。小島さんの絵は、小説家・和田傳や伊藤永之介を中心に結成された「日本農民文学会」発行の機関誌「農民文学」の表紙を10年以上飾り続けている。

 美術館では、建屋を囲む山林や竹林、畑などの恵まれた自然に触れながら、ものづくりの創意工夫を楽しむ寺子屋「無尽蔵」も開塾。竹製の仕掛けでウナギ捕りに挑戦したり、昔ながらの紙芝居を作ったり。この冬は正月飾りの門松を手作りする講座も企画中だそう。


機関誌「農民文学」の表紙画は小島さんが四季折々の里山の風景を描いた
機関誌「農民文学」の表紙画は小島さんが四季折々の里山の風景を描いた

 「この辺りの豊かな風土、自然環境は先人たちが残してくれた宝の山です。年齢を問わず、フィールドワークを取り入れた遊びの中から生物の多様性や創造する力を育める場になれたら」と小島さん。「ここでの時間を過ごす中に『あっ、自然ってすごいな』と感じる瞬間があったら、そこに学びがあった証拠ですよ」と穏やかに語る。



☆厚木市飯山4152。小田急線本厚木駅からバスで光福寺下車7分。午前10時~午後4時。月、火曜休館。入館料100円。電話046(241)1353。

2022年10月27日公開 | 2022年10月27日神奈川新聞掲載

オススメ記事⇩


ライブパフォーマンス華道家 久保島一智氏 いけばなライブ 11月5日、岡田美術館

11月5日午後1~3時、岡田美術館(小田原駅からバスで小涌園下車すぐ)。参加費無料(要入館料)。 現在開催中の特別展...

彫刻第30回平櫛田中賞に棚田康司さん 茅ケ崎市在住の現代彫刻家

優れた木彫作家に贈られる「第30回平櫛田中(ひらくしでんちゅう)賞」(岡山県井原市主催)に、茅ケ崎市在住の現代彫刻家...


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イルミネーション 神奈川のイルミネーション 江の島 湘南の宝石

  2. イルミネーション 神奈川のイルミネーション よみうりランドジュエルミネーション

  3. イルミネーション 神奈川のイルミネーション ヨルノヨ

  4. イルミネーション 神奈川のイルミネーション さがみ湖イルミリオン

  5. まちを耕す本屋さん 横浜市南区の「本屋 象の旅」 本とじっくり向き合う場所に

人気タグ